まさに「便利屋」のバイトをしました

私が高校生の時の体験談です。高校生でしたので、何かバイトをしたくて常に探していました。

 

学校には内緒でバイトという形なので目立つ接客業などは無理でした。

 

そんな時にたまたまフリーペーパーで見つけたのが「何でもやります。便利屋〇〇」という業者のバイト募集の記事でした。

スポンサーリンク

高校生でも可能と書いてありましたし、短期の1日からOKでしたからあわてて飛びつきました。

 

友人との応募も可能だったので、友人と2人で面接に行ったのです。

 

面接はやさしそうなおじさんという印象の社長と、その奥様でした。とりあえずお茶を頂いて、奥様の手作りのシュークリームまで頂き、履歴書などなく雑談をして終了です。

 

もちろん2人とも即採用でした。

 

それからは色々な仕事が舞い込みました。

 

社長と工場内で作業をしてみたり、廃業する店舗の掃除、チラシを配るなど、毎回バラエティに富んでいて面白かったです。

 

主に土日に仕事があれば社長から直前に電話が来ました。

 

「これこれこのような仕事内容で、時給がこれくらい、明日来れる?」という感じのラフな依頼ですし、働いた分はその日に現金できちんともらいました。

 

仕事のない日も呼ばれて、シュークリームをごちそうになったりしましたし、奥様の経営する喫茶店につれていって頂いてご飯をごちそうしてもらったりしていました。

 

今思えば、私が高校生ですし、ご夫婦も自分の子供のように扱ってくれた部分もあったのかもしれません。

忘れられないアルバイト

そのバイトの中で一番印象的だったのは、ある一軒のお宅の広い広い庭の草取りです。

 

2日間の契約です。

 

草取りすればいいなんて、特に難しくなくラッキーだと思いました。

 

しかもいつもよりも報酬が良いのです。

 

庭が広いので別の友人を紹介して4人で草取りをする段取りになりました。

 

当日社長に連れられて行った先は豪邸で、庭は本当に広く、しかも草が人の背丈ほども伸びた部分もあり、本当にびっくりしました。

 

ここまで庭を荒らしておくなんて!と子供心にあきれるほどの草ぼうぼうです。

 

4人で必死で朝から頑張っても終わりません。

 

休憩をはさんで夕方まで頑張っても減りません。

 

疲労困憊でしたが、契約は次の日まで、しかも完了しなくてはいけないので次の日も友人たちと頑張りました。

 

社長も一緒に大汗で頑張ってなんとか終了です。

 

想像を絶する世界でしたが無事に終わりました。

 

そのお給料で友人たちと後日ご飯を食べに行って盛り上がりました。

 

今でもこれは絶対に忘れられない強烈な思い出のバイトです。

 

まさに「便利屋」のバイトをしました関連ページ

交通量調査のバイト
学生だった頃、夏休みに海外で短期留学していたので、バイトもやめて収入のあてが全然なかったとき、クラスメートに交通量調査のバイトをしないかといわれました。
電話のアルバイトは大変だけど、人生勉強になった
たまにお客様から感謝されたりすると、仕事にやりがいを覚え頑張ろうと誓って、意外にも数年在籍しました。私にしては根性も座ったし、かなり良い経験になったと思います。
レジのアルバイトも、とっても大変でした!
最初は極度のあがり症と、慣れない仕事にオドオドとしてしまい、「いらっしゃいませ」の一言も小さい声でしか出せず、レジのパートさんや社員さんによく注意されてしまいました。
カフェのウエイターのアルバイト
とっても楽しかったアルバイトの一つが、カフェでのウエイターでした。時給はたったの750円でしたが、嫌な職種で働くよりもずっと快適だったと思われます。
スーパーでのアルバイト体験
私は、スーパーマーケットで品出しのアルバイトをしていたことがあります。品出しとは、入荷した商品を店内の陳列棚に並べる作業のことで、店が開店する前の朝早い時間に出勤してその業務を行っていました。
まかないが美味なうどん店アルバイト
飲食店のアルバイトはまかないが出る場合が多いのですが、それはアルバイターにもお店の味を知ってもらい、お客さんに味について尋ねられた時に答えられるように、とのためだそうです。
レンタルビデオ店のアルバイトは結構大変
レンタルビデオ店のアルバイトは映画や音楽やコミックが好きな人、接客が好きな人、人とコミュニケーションをとることが好きな人におすすめです。
新聞配達のアルバイト
早起きが大変そうなイメージがありますが、短時間勤務ですので働いていない時間に眠る習慣をつければいいのですし、慣れれば負担が無くなりました。