交通量調査のバイト

学生だった頃、夏休みに海外で短期留学していたので、バイトもやめて収入のあてが全然なかったとき、クラスメートに交通量調査のバイトをしないかといわれました。

 

12時間外にいて、人が通り過ぎるとカウンターをぽちっと押すだけです。

 

その日に現金もらえるので、確かにおいしいとは思ったのですが、12時間も外にいるって結構辛そうでしたが、日雇いなので嫌なら二度とやらなければいいと納得して一度やってみることにしました。

スポンサーリンク

朝6時前に有楽町駅に集合で、12時間決められたところに3人でローテーションして通行人の数をカウントします。

 

10月ごろだったと思うのですが、暑くもなく寒くもない時期とはいえ、ビルの日陰で座ってじっとしているのは結構寒く、かといって歩き回るのは許されないので非常に辛かったです。

 

3時間ごとの休憩中はどこにいってもいいのですが、とにかく家に帰って寝たいと思いはじめると何をやってもつらいだけです。

 

週末はお昼くらいまで人通りもほとんどなく、座っているのが本当にきつかったです。

 

居眠りもできませんし、飲み食いもできないので、本当に午前中は退屈でした。

 

午後になり少し暖かくなってきても、人の通りも数えるのに忙しいというほど多くもなく、とにかく時計とにらめっこ状態です。

 

3時も過ぎるとだんだんまた肌寒くなってきて、じっとしているのが寒くてどうしようもなくなり、こんなことならもっと重装備で臨むのだったと後悔しつつ、こんなバイト二度としないという決断もできました。

 

5時も過ぎれば、あたりは真っ暗で、あとは終わる時間をまつばかりです。

 

朝かなり早く起きて有楽町にやってきたので、もう疲労の限界でした。

 

寒いし、疲れているし、退屈だったしで、もう精神状態もボロボロだったと思います。

 

こんなバイト何度もやりたい人いないから日雇いで募集しているのが理解できました。

 

仕事があるということはありがたいことですが、この経験で卒業前にはちゃんと就職活動して、納得できる仕事を探そうと決意しました。

 

交通量調査のバイト関連ページ

電話のアルバイトは大変だけど、人生勉強になった
たまにお客様から感謝されたりすると、仕事にやりがいを覚え頑張ろうと誓って、意外にも数年在籍しました。私にしては根性も座ったし、かなり良い経験になったと思います。
レジのアルバイトも、とっても大変でした!
最初は極度のあがり症と、慣れない仕事にオドオドとしてしまい、「いらっしゃいませ」の一言も小さい声でしか出せず、レジのパートさんや社員さんによく注意されてしまいました。
カフェのウエイターのアルバイト
とっても楽しかったアルバイトの一つが、カフェでのウエイターでした。時給はたったの750円でしたが、嫌な職種で働くよりもずっと快適だったと思われます。
スーパーでのアルバイト体験
私は、スーパーマーケットで品出しのアルバイトをしていたことがあります。品出しとは、入荷した商品を店内の陳列棚に並べる作業のことで、店が開店する前の朝早い時間に出勤してその業務を行っていました。
まさに「便利屋」のバイトをしました
たまたまフリーペーパーで見つけたのが「何でもやります。便利屋〇〇」という業者のバイト募集の記事でした。高校生でも可能と書いてありましたし、短期の1日からOKでしたからあわてて飛びつきました。
まかないが美味なうどん店アルバイト
飲食店のアルバイトはまかないが出る場合が多いのですが、それはアルバイターにもお店の味を知ってもらい、お客さんに味について尋ねられた時に答えられるように、とのためだそうです。
レンタルビデオ店のアルバイトは結構大変
レンタルビデオ店のアルバイトは映画や音楽やコミックが好きな人、接客が好きな人、人とコミュニケーションをとることが好きな人におすすめです。
新聞配達のアルバイト
早起きが大変そうなイメージがありますが、短時間勤務ですので働いていない時間に眠る習慣をつければいいのですし、慣れれば負担が無くなりました。