レンタルビデオ店のアルバイトは結構大変だがたくさんのことを学べる

レンタルビデオ店のアルバイトは結構大変です。

 

勤務地や店舗の忙しさにもよりますが、忙しい店舗に入った場合はかなり大変だと思っておきましょう。

 

レンタルビデオ店のアルバイトは映画や音楽やコミックが好きな人、接客が好きな人、人とコミュニケーションをとることが好きな人におすすめです。

スポンサーリンク

一人でもくもくと作業をしたい人には向いてません。

 

レンタルビデオ店は意外と覚えることがたくさんあります。

 

まず、商品の場所を覚えて、レンタルから返却された商品を売場にもどします。

 

この商品を売場に戻す作業をマスターバックといいます。

 

レンタルビデオ店の売上はこのマスターバックのスピードにかかっています。

 

早く場所を覚えて、一秒でも早く商品を売場にもどすことが要求されます。

 

トレンドや人気商品も把握していなければなりません。

 

ジャンルも洋画だけとっても、洋画新作、洋画準新作、洋画人気作、洋画ドラマ、洋画アクション、洋画コメディ、洋画SFファンタジー、といった具合に分かれています。

 

さらに邦画、韓流、アジア、海外ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、店舗によってはアダルトとジャンルも多岐にわたります。

 

この売場把握だけでも初心者は結構苦戦するでしょう。

アルバイトで知る新たな発見

しかしこれは同時に自分の知らなかったジャンルを知る機会になります。

 

こんな商品が人気なんだ!といった新たな発見が毎日のようにあります。

 

特にコミックレンタルをやっている店舗はコミックはトレンドに左右されやすいので今一番旬なタイトルが分かるのが面白いです。

 

CDレンタルも以前に比べだいぶ売上は落ちて来ていますが、いまだに借りる人がいます。

 

それはお客様も新しい音楽を探しているからです。

 

日々発見があるのは面白いポイントです。

 

レンタルビデオ店では接客も非常に重要です。

 

言葉づかい、目線、声の大きさ、態度すべて重要です。

 

料金、延滞金に関してのルール、入会方法、貸出本数など店舗によって異なります。

 

このため、これら基本的なルールをお客様に分かりやすく説明しなければなりません。

 

しかし、これも慣れてくると良いコミュニケーションの訓練になります。

 

人としゃべるのが苦手な人はあえて挑戦してみるのも面白いかもしれません。

 

レンタルビデオ店は大変ですが、その分たくさんのことを学ぶことが出来ます。

 

レンタルビデオ店のアルバイトは結構大変関連ページ

交通量調査のバイト
学生だった頃、夏休みに海外で短期留学していたので、バイトもやめて収入のあてが全然なかったとき、クラスメートに交通量調査のバイトをしないかといわれました。
電話のアルバイトは大変だけど、人生勉強になった
たまにお客様から感謝されたりすると、仕事にやりがいを覚え頑張ろうと誓って、意外にも数年在籍しました。私にしては根性も座ったし、かなり良い経験になったと思います。
レジのアルバイトも、とっても大変でした!
最初は極度のあがり症と、慣れない仕事にオドオドとしてしまい、「いらっしゃいませ」の一言も小さい声でしか出せず、レジのパートさんや社員さんによく注意されてしまいました。
カフェのウエイターのアルバイト
とっても楽しかったアルバイトの一つが、カフェでのウエイターでした。時給はたったの750円でしたが、嫌な職種で働くよりもずっと快適だったと思われます。
スーパーでのアルバイト体験
私は、スーパーマーケットで品出しのアルバイトをしていたことがあります。品出しとは、入荷した商品を店内の陳列棚に並べる作業のことで、店が開店する前の朝早い時間に出勤してその業務を行っていました。
まさに「便利屋」のバイトをしました
たまたまフリーペーパーで見つけたのが「何でもやります。便利屋〇〇」という業者のバイト募集の記事でした。高校生でも可能と書いてありましたし、短期の1日からOKでしたからあわてて飛びつきました。
まかないが美味なうどん店アルバイト
飲食店のアルバイトはまかないが出る場合が多いのですが、それはアルバイターにもお店の味を知ってもらい、お客さんに味について尋ねられた時に答えられるように、とのためだそうです。
新聞配達のアルバイト
早起きが大変そうなイメージがありますが、短時間勤務ですので働いていない時間に眠る習慣をつければいいのですし、慣れれば負担が無くなりました。