電話のアルバイトは大変だけど、人生勉強になった

私のアルバイト遍歴は、最初はスーパーのレジやコンビニの店員でした。接客業って、対面式だと結構難しいなぁと思いました。

 

特に私はポーカーフェイスじゃありませんので、顔の表情に出やすいんですよね。現にバイト仲間とか彼からも接客業は向いてないんじゃないの?と指摘されたぐらいです。

 

なので、今度アルバイトをするなら接客業以外や、電話等で直接人と顔を合わせない仕事にしようと心に決めていました。

スポンサーリンク

そして、タウンワーク等でバイトを探した時に、まず目に付いたのがテレアポのバイトでした。

 

しかもノルマが無いし、おまけにコンビニ以上に時給も高かったです。結構美味しいアルバイトだなぁと思い、早速応募しました。

 

あっさり採用されて、いざ仕事に入ってみると、なんせ電話の仕事は初めてでかなりきょどってしまい、電話口の相手にかなり不審がられて、ガチャ切りされました。

 

確かに顔は合わせないからいいけど、結構精神的にキツイ仕事だと思いました。

 

時には逆ギレされたり、中々電話を切らせてもらえなかったり、そんな状態で中々アポも取れなくてしんどかったです。

 

高額だった筈の時給も、面接の時に一切説明されなかったのに、成績が悪かった事を理由にどんどん減らされていきました。

 

後々よく言われた事ですが、テレアポは営業力が必要だから、誰でも出来るバイトではなくて、向き不向きがあると知りました。

良い経験になったアルバイト

最初からわかっていたら応募しなかったけど、良い勉強したと思うことにしようと決めて退職しました。

 

そんなわけで、電話応対にちょっと免疫が出来た私は、次はテレアポ以外で電話の仕事をしようと探しました。

 

そして次に応募したバイトは、とある電話会社の受付の仕事です。

 

アポを取る必要は無いのですが、とにかくクレーム対応の多さに唖然としました。

 

本当に毎日1回は怒鳴られる事が多くて、本当に投げ出したくなりました。

 

毎日胃も痛くて辞めたくなりました。

 

しかし、たまにお客様から感謝されたりすると、仕事にやりがいを覚え頑張ろうと誓って、意外にも数年在籍しました。

 

私にしては根性も座ったし、かなり良い経験になったと思います。

 

電話のアルバイトは大変だけど、人生勉強になった関連ページ

交通量調査のバイト
学生だった頃、夏休みに海外で短期留学していたので、バイトもやめて収入のあてが全然なかったとき、クラスメートに交通量調査のバイトをしないかといわれました。
レジのアルバイトも、とっても大変でした!
最初は極度のあがり症と、慣れない仕事にオドオドとしてしまい、「いらっしゃいませ」の一言も小さい声でしか出せず、レジのパートさんや社員さんによく注意されてしまいました。
カフェのウエイターのアルバイト
とっても楽しかったアルバイトの一つが、カフェでのウエイターでした。時給はたったの750円でしたが、嫌な職種で働くよりもずっと快適だったと思われます。
スーパーでのアルバイト体験
私は、スーパーマーケットで品出しのアルバイトをしていたことがあります。品出しとは、入荷した商品を店内の陳列棚に並べる作業のことで、店が開店する前の朝早い時間に出勤してその業務を行っていました。
まさに「便利屋」のバイトをしました
たまたまフリーペーパーで見つけたのが「何でもやります。便利屋〇〇」という業者のバイト募集の記事でした。高校生でも可能と書いてありましたし、短期の1日からOKでしたからあわてて飛びつきました。
まかないが美味なうどん店アルバイト
飲食店のアルバイトはまかないが出る場合が多いのですが、それはアルバイターにもお店の味を知ってもらい、お客さんに味について尋ねられた時に答えられるように、とのためだそうです。
レンタルビデオ店のアルバイトは結構大変
レンタルビデオ店のアルバイトは映画や音楽やコミックが好きな人、接客が好きな人、人とコミュニケーションをとることが好きな人におすすめです。
新聞配達のアルバイト
早起きが大変そうなイメージがありますが、短時間勤務ですので働いていない時間に眠る習慣をつければいいのですし、慣れれば負担が無くなりました。