自宅できる仕事・在宅ワークを選ぶ人が急増中

自宅できる仕事

 

自宅でできる仕事の人気・需要が急激に伸びてきています。

 

SOHOといわれる在宅ワークや内職がこれにあたり、違いとしてはSOHOがパソコンを使う仕事、内職が手作業となります。

 

内容的には、SOHOはデータ入力や記事の作成、内職には封詰め作業やビーズアクセサリ作成などがあります。

 

自宅でできる仕事

副業はやっぱり在宅で出来るのが一番、時間も場所も有効的に活用出来ます。

 

それに、サラリーマンやOLの場合、会社に見つかると問題になるということもああります。

 

その点、在宅での副業は分かりにくいので、最も安心安全だと言えるでしょう。

 

そして何より、交通費は支給されたとしても、通勤時間は誰も保障してはくれませんので、その通勤に掛かる時間とお金を節約出来るのが大きいです。

 

副業である以上、とにかく無駄なく稼ぐ事が大事で、それには、通いの時間とお金が掛からない在宅は、非常に優位だと言えます。

 

何しろ、在宅ワークは、時間給ではなく、ほとんどは出来高払いなので、正に時は金なりで、空いた時間に僅かでもお金になる副業を探す事が肝心なのです。

 

副業としても人気の在宅ワークの多くは、パソコンを使ったもので、サラリーマンやOLは勿論、主婦や学生でも出来るものが沢山あります。

 

記事作成

 

小さい頃から文章を書くことが得意だったり、好きだという方は、記事作成の仕事がおすすめです。

 

この記事作成は主にサイトの記事で、キーワードを与えられたり、自分が得意とする分野でおよそ300~1000文字ほどの記事を作成します。

 

条件が決められていますので、その中で自分の言葉を使って文章を作っていくのです。

 

依頼件数が非常に多い記事作成

 

下記のデータ入力に比べると収入は高くなりますし、クラウドソーシングの登場で仕事の依頼件数も圧倒的に多い状況です。

 

ただし、キーボードを打つのが早くても、文章を考えるのが苦手な人はそれほど収入にはならないこともあります。

 

大体収入の目安としては、1記事500~600文字として100~300円くらいです。

 

記事の単価は記事の完成度、制約によって変わります。

 

たとえば企業によって日本語をきちんとしてほしい、面白い文章にしてほしい、商品を宣伝するような文章にしてほしい、自分の言葉で書いてほしいなど色々と希望が違うのです。

 

大変だという人もいますが、自分で調べ、書いた文章というのは、自分の中にも知識として蓄えられます。

 

記事作成のアルバイトのメリットは、知識を増やすというところにあるでしょう。

 

データ入力

 

自宅で行うアルバイトの中で人気があるのはデータ入力です。

 

データ入力では、企業名、形態、住所、電話番号などをパソコンを使って入力していきます。

 

自宅で行う仕事の中でも比較的取り組みやすく、誰でも可能な在宅アルバイトといえるでしょう。

 

ただし、パソコンを使える人が増えてきている現代において、求人数に対して応募者数が絶対的に多いといえる状況です。

 

データ入力の収入はどれくらい?

 

収入も同じで、以前は月15万円以上稼いでいた人もいるのですが、現在は多くても1~3万円程度です。

 

そのため現在の位置はお小遣い程度にしかなりません。

 

現実的に考えると、多くの家庭ではご主人の収入だけでは生計が成り立たないという場合に主婦が行うことが多いようです。

 

またご主人が稼いだお金を自分の好きなように使うのも気が引ける人が多いのです。

 

そのため1万円でも自分が稼いだお金だということで、自由にできるお金を得るためにデータ入力を希望する人が多いのです。

 

アンケートモニター

 

アンケートモニターというものを、聞いたことがありませんか。

 

読んで字のごとくアンケートをするモニターの事で、色々な広告でアンケートモニターを募集しています。

 

ただアンケートに答えるだけではモニターにメリットがないので、アンケートモニターは何らかの形で報酬が得られるようになっているのです。

 

1回で得られるものは微々たるもの

 

報酬と言っても、アンケートモニター1回で得られるものは微々たるものです。

 

アンケートを実施している企業やサイトによって具体的な部分は違ってきますが、何回かアンケートモニターをする事でポイントを溜めるシステムがよく見られます。

 

溜めたポイントは現金のように使うことが出来るため、たくさんのアンケートモニターをしていれば小遣いと言える程度には稼ぎが出せるかもしれません。

 

複数のアンケートモニター募集サイトに登録しよう

 

アンケートモニターは、最近だとパソコンやスマートフォンを利用して簡単に受けられるようになりました。

 

言い換えると、デジタル機器に弱い方にとって最近のアンケートモニターはハードルが高いかもしれません。

 

と言っても複雑な作業を要求されるわけではなく、ただアンケートモニターとしてアンケートに答えれば良いので覚える事は少ないです。

 

具体的にどの程度稼げるのかという事は、登録先によってかなりの違いが出てきます。

 

一つのところに登録して集中的に活動するより、より多く登録してアンケートモニターの活動をした方が期待値は大きくなるでしょう。

 

ただ、いくら単純なアンケートとは言っても複数掛け持ちする事でアンケートモニターとしての作業量はかなり増えてきます。

 

作業量が増えると、それだけアンケートモニターが割に合わないと感じてくるかもしれません。

 

アンケートモニターをがっつりやって儲けを出そうと意気込むよりも、気軽に続けて気付いたら儲けていたくらいが良いでしょう。

 

気を付けなければならないのは、アンケートモニターを募集しているところの全てが安心という訳ではない点です。

 

悪質なサイトに誘導され、小遣い稼ぎにアンケートモニター参加しようと思っていたのに詐欺に遭っていたなんて事になっては目も当てられません。

 

初めのうちは、信頼できる大手のサイトを利用すると良いでしょう。

 

少しずつ要領が分かり、もう少し稼ぎを増やしたいという時に色々なアンケートモニターを検討してみると効率的です。

 

あまりにも美味しい話はすぐに見つかりますが、かなり怪しいです。

 

それなりに美味しいアンケートモニターの話は、そう簡単には出てこないかもしれません。

 

テープ起こし

 

自宅アルバイトの中でも給料が高いのがテープ起こしです。

 

テープライターとも言われており、対談、講演会、講義などの録音テープを文章にしていく仕事になります。

 

テープを聴いて文字にするだけですから簡単だと思われがちですが、話の内容を把握し、読者がきちんと読みやすくしなければなりません。

 

高給を狙うなら経験や実績が必要

 

中には何を話したのか分からないというものもあるのです。

 

ですからスキルは求められるのですが、その分収入も高くなります。

 

高い場合は1本60分のテープで1万円ということもあります。

 

ただし、全ての人がこれに該当するわけではありません。

 

中にはそれほど稼げないという人もいます。

 

収入をもう少し狙うなら、経験や実績が必要です。

 

さらに仕事を得るために自分を売り込んでいかなければなりません。

 

つまり、テープ起こしで収入を得るなら、長期的に計画を立てていかなければならないのです。

 

テープ起こしアルバイトのポイント

 

テープ起こしは素材となる音声や文字に変換し終えたものをデータとして扱うため、パソコンとインターネット回線さえあればどこでも出来る仕事です。

 

その性質ゆえか、在宅ワークの代表格として扱われる事もあります。

 

耳で聞いたものをパソコンで文字に打っていく簡単なお仕事、と見えるのですが実際にテープ起こしをやってみると難しさが分かります。

 

話し言葉を正確に文字へと変換させる事は、言うまでもなく大前提の要素です。

 

漢字の取り違いや文章の区切りを誤ると、意味そのものが違ってしまうためテープ起こしには日本語を正しく使う能力が求められるでしょう。

 

スキル習得を意識して始めてみる

 

もちろん丁寧さだけを重視していて良いという事はなく、一つでも多くのテープ起こしをこなさなければ収入に繋がりません。

 

初めから素早く正確なテープ起こしが出来る訳はないので、アルバイトならスキル習得を意識して始めてみると良いでしょう。

 

テープ起こしの仕事を個人で取り続けるというのは並大抵の事ではなく、強力なコネや人脈を要します。

 

普通はテープ起こしを扱う会社に登録し、そこから一つ一つ受けるという形を取る事になるでしょう。

 

テープ起こしに必要なスキルや知識

 

間違いのないように、かつ正確にというのはテープ起こしにおける基本の部分です。

 

実際に、アルバイトでもテープ起こしを仕事とする上では幾つも求められる要素があります。

 

たとえば、簡単なインタビュー記事なら特に難しい単語が出てくる事もないかもしれませんがIT関係や医療系の話だとテープ起こしの難易度がグッと上がります。

 

テープ起こしでは日本語の読みの違いに気を配るだけでなく、頻出する横文字に対して素早く反応しなければなりません。

 

その言葉を知っている事がベストで、確認するためにかかる時間は無駄と言えます。

 

作業しやすいテーマで数をこなす

 

必然的に多くのテープ起こしの依頼を受けて収入とするためには、スキル以外に知識や強要が求められるのです。

 

テープ起こしのアルバイトは、その内容から供給は多いですが需要も多く人気があると言えるでしょう。

 

仕事を受ける先によってテープ起こしの内容が違ってくる事はありませんが、主に報酬などの条件が違ってきます。

 

恐らくは、テープ起こしとして扱う分野の違いが一番大きな点でしょう。

 

報酬の多寡で選ぶのも良いですが、自分が作業しやすいものかどうかもテープ起こしのアルバイト選びでは重要な判断材料です。

 

一つのテープ起こしの依頼に対する報酬単価は高くても、達成した数で負けてしまって合計が少なくては意味がありませんね。

 

ビーズアクセサリ

 

自宅のアルバイトの内容に、ビーズアクセサリー作りがあります。

 

仕事の内容はビーズによってネックレスなどのアクセサリー類や小銭入れなどの小物類を作成するというものです。

 

趣味としても内職としても出来、さらに委託販売、ネットオークションへの出品でお金を稼ぐことも出来ます。

 

高い収入は望めない

 

内職の場合は、契約先から材料をもらい、自宅で作って納品します。

 

単価は複雑なら数百円ですが、高い収入は決して望めません。

 

これらのことを承知した上で内職をしたいなら、市町村役場の内職相談課に問い合わせるか、たとえば札幌市在住なら「札幌市内職求人情報」で検索してみるといいでしょう。

 

通常悪質な情報は地域を限定したキーワードで見つかることがあまりありません。

 

またビーズアクセサリー作りに自信があるなら、委託販売を行ったり、ショップに置かせてもらったり、ネットオークションに出品するという方法もいいでしょう。

 

自宅のアルバイトとしてビーズアクセサリーを作る場合は、こうした手段が収入も多くなります。

 

かけはぎ

 

かけはぎという自宅のアルバイトは有名です。

 

かけはぎはかけつぎとも呼ばれ、衣服の虫食い、タバコのヤケ穴、釘などに引っ掛けた傷などの修復をするものです。

 

最近は節約しようという人が増え、かけはぎの依頼も増えているようです。

 

ですがかけはぎは誰でもできるわけではありません。

 

そのため自宅のアルバイトとしては給料は高いほうです。

 

報酬は良いが高いスキルが必要

 

しかし高いスキルを必要とします。

 

たとえば専門店にタバコの焼け穴の修復を依頼すると、5000円くらいはかかります。

 

ですからかけはぎを行うなら、作業経験が必要と言ってもいいでしょう。

 

もちろん未経験者でも出来ます。

 

将来的に自宅での仕事としてやっていくなら、技術を習得する必要があります。

 

技術を身につけるには、かけはぎ教室に行ったり、がくぶん総合教育センターで通信講座を受けるのがいいでしょう。

 

習得した技術は後々役立つことでしょう。

 

アフィリエイト

 

アフィリエイトとは、簡単に言えば企業の商品やサービスを紹介し成果報酬を得る仕事のことを指します。

 

ブログやホームページなどで、ある企業の商品やサービスを紹介し、詳細なページへ行けるあなた専用のリンクを貼ります。

 

そして、それを見た人があなたのリンクからその商品の購入やサービスの利用をすると、企業から報酬が貰えます。

 

企業からの紹介手数料のようなものですが、あくまでも成果報酬なので実際に購入されなければいくら紹介しても報酬は貰えません。

 

幾つか例をあげます。

 

アフィリエイトの報酬例その1

 

健康食品会社のダイエット用サプリメントをホームページで紹介します。

 

そしてその商品をもっと詳しく見たい人があなた専用の設置したリンク(URLやバナーなど)から健康食品会社のホームページへ行き、あなたの紹介したダイエットサプリを購入しました。

 

すると、健康食品会社から予め決められた報酬があなたに支払われます。

 

アフィリエイトの報酬例その2

 

資格取得の講座を開講している学校や通信教育会社がありますね。

 

自分のブログかホームページでその学校や通信教育会社へ資料請求できるページへのリンクをあなた専用のURLやバナーで設置しておきます。

 

あなたのブログやホームページを見た人が、そのURLやバナーをクリックして資料請求すると、学校や通信教育会社からあなたに報酬が支払われます。

 

広告バナーをクリックされただけで報酬が発生するものもある

 

このようにアフィリエイトは殆どが購入や利用の成果報酬ですが、中には広告バナーをクリックされただけでも僅かながら報酬が貰える広告もあります。

 

これは、スポンサー(広告依頼主)やアフィリエイト会社(ASP)によって実施の有無が異なりますので、事前にチェックすると良いです。

 

アフィリエイトを開始するまでの手順

 

では、実際にアフィリエイトをするにはまず、どうすれば良いのか?

 

ASPに登録

 

まずは広告を出したい企業(スポンサー)とアフィリエイトをしたい人(アフィリエイター)とを募集しているASP(affiliate service partner)と呼ばれるサイトに登録します。

 

最初に氏名や報酬振込口座を登録しますが、同時に宣伝する媒体~ブログやホームページなど~も登録するので、予めブログやサイトを作成しておくと良いです。

 

必要事項を登録できたらASP側で宣伝媒体となるサイトの審査があるので、審査結果が出るまで待ちます。

 

審査通過基準はASPにより異なります。

 

ブログやホームページに広告を掲載する

 

審査が通ればアフィリエイトの準備完了です。

 

あとはどの広告を掲載するのかを選び、宣伝媒体(ブログやホームページ)に掲載します。

 

その後は自分でブログやホームページを定期的に宣伝・更新・メンテナンス・宣伝とコツコツ繰り返して利用者を待ちましょう。

 

殆どのASPが無料で登録できるようですが最初は大手のASPに登録してみるのをお勧めします。

 

ジャンルも豊富で自分に合った広告を見つけやすいからです。

 

以上がアフィリエイトの概要説明となります。

 

ポイントサイト

 

スマホで副業が出来るのかと疑問に考える方は多いのですが、スマホで副業を行う事も可能です。

 

スマホで行うとは言え、インターネットから行う作業になりますから、多くの場合はパソコンから行った方が効率的ではあります。

 

ただ、いつでもどこでも行えるという意味では、スマホに勝るツールは無いでしょう。

 

サラリーマンや学生でも、例えば休み時間や通勤時間にも副業が行えるという事になりますから、時間を非常に有意義に使える事になります。

 

スマホで副業を行うなら、ポイントサイトのプログラムやセルフバックのプログラムを活用した副業がおススメです。

 

ポイントサイトは、様々なサイトへの会員登録や試供品の購入、サービスへの資料請求などを行う事によりポイントをもらえます。

 

サービスサイトによって異なりますが、その多くはポイント数=現金の金額となっていて、貯まったポイントを指定の銀行口座に現金として入金してもらえる仕組みです。

 

代表的なサイトに、ハピタスやげん玉などがあります。

 

セルフバックは、自己アフィリエイトと呼ばれる事もあります。

 

通常、アフィリエイトでは自分の作ったサイトなどから商品やサービスを他人に購入してもらった時に報酬が発生するものです。

 

セルフバックの仕組み

 

しかしこのセルフバックという制度は、自分の分の商品やサービスを購入したり、サービスに加入したりする事で報酬を発生させます。

 

ポイントサイトの仕組みと似ていますが、こちらは最初から現金の報酬としてカウントされる事になります。

 

例えば、セルフバックのサービスから自分のクレジットカードを作れば、自分の分を作ったのに一件分の報酬が発生するのです。

 

同様に、登録無料のサイトへの会員登録や無料の資料請求など、無料のサービスなら損をする事はありませんから、そうしたサービスやプログラムに登録していけばスマホから収入を得る事が可能です。

 

A8.netが最も有名なサイトになっています。

 

それ以外にも、例えばSOHOの記事作成やブログ更新などの副業も物理的にはスマホでも可能です。

 

しかし、文字を多く打ち込む作業は、無理にスマホで行おうとしても効率が悪いかもしれません。

 

輸入転売

 

輸入転売というのは、早い話が安く仕入れて高く売ろうという転売の規模を広げたものです。

 

輸入という堅苦しい感じの言葉を使っていますが実際はそんなに難しい事ではなく、特別な専門知識もないまま輸入転売は始められます。

 

ほぼ全ての作業をインターネット上で完結できるため、普段忙しくて時間のない方でも副収入を期待できるのが輸入転売です。

 

輸入転売と言っている通り海外との取引を必ず行いますが、特別に英語力が要求される事はありません。

 

せっかく安く仕入れたものも、売れなければ損失が出るだけです。

 

幸いにもヤフーオークションやアマゾンと言った、輸入転売での売り場となるサイトが今は充実しています。

 

利用者の数もかなり多いですから、輸入転売ではこうしたサイトを利用していく事になるでしょう。

 

商品仕入れのポイント

 

輸入転売をする時の商品の仕入先は、特別な販売ルートを構築する事もあるかもしれませんが一般に紹介されているのは大手サイトです。

 

もちろん日本のサイトではなく、中国やアメリカのサイトからお手頃商品を仕入れて輸入転売します。

 

中国語が分かればベストかもしれませんが、分からないからと言って中国経由での輸入転売が出来ない事はありません。

 

商品の注文なら翻訳ツールを使えば事足りますから、輸入転売では外国語よりも行動力の方が重宝されるでしょう。

 

ただ商品を輸入して売るだけでは輸入転売にならず、よく売れる商品を多く輸入して売りさばくのが基本形です。

 

そのためには商品の見極めが欠かせないため、輸入転売では日頃から売れ筋の商品をチェックする事が重要になります。

 

少々面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくると簡単にポイントが見えてくるため輸入転売が副業として成立するのです。

 

輸入転売では少しでも差額を大きくして利益を出したいですから、季節ものなどは仕入れの時期を計算します。

 

オンシーズンに比べてオフシーズンでは、同じ商品でも価格が安くなる傾向にあります。

 

オフシーズンの時に仕入れたものを寝かせておき、オンシーズンに向けて輸入転売すれば通常よりも大きな利益が期待できますね。

 

ただし大量に仕入れると、それだけ大掛かりな置き場所を要します。

 

輸入転売全般に言える事ですが、はじめのうちは少量から手応えを掴んでみると良いでしょう。

 

売値と買値だけでなく、他にかかるコストも計算してしっかり利益が出るかどうかを確認しなければ輸入転売は出来ません。

 

株式投資

 

株式投資を実際にやった事がなくても、言葉はどこかで耳にした事があるかもしれません。

 

テレビでニュースを見れば株式投資に関する情報が必ず出てきますし、新聞でも何ページかを使って紹介されています。

 

少々の費用は求められますが、口座さえ用意してしまえば誰でも行える気軽さが株式投資にはあります。

 

当然のように株価は日々騰落するため、株式投資から利益を得ようとするなら細かい情報収集が欠かせません。

 

ただ情報を集めて儲けを出せれば苦労はなく、実際には株式投資で利益を出せるようになるまで結構な勉強を求められるでしょう。

 

株式投資する際には明確な目的を決めておかないと、ずるずると不毛な事を続けてしまうので注意が必要です。

 

株式投資というと利益を出す事にばかり注目しがちですが、他の要素に注目する事もあります。

 

たとえば株主配当は、株価よりも権利確定日に注目する事が多いでしょう。

 

規定された期間に株式を保有していると企業から何か貰える、というもので株式投資の変化球的な使い方です。

 

あながち株式投資と無関係という訳でもなく、権利確定日には大量の売りが出て株価が大きく変動するため判断材料になります。

 

株主優待だけでなく配当金も権利確定日に関係してくるため、市場はかなり動きます。

 

人気のデイトレードとは

 

株式投資の中でも注目度が特に高いのは、短期間で利益を出せるデイトレードでしょう。

 

一日ごとに売り買いして利益を出せると言われると、魅力的に感じますね。

 

しかし現実は甘くなく、デイトレードは株式投資の中でも特に難しいと言われる分野です。

 

刻一刻と変化する市場に対応しなければならないため、一日のほとんどを株式投資に費やすくらいの意気込みが求められます。

 

株式投資で飯を食う、くらいの気概がないと損をして終わる可能性が高いです。

 

株式投資でも比較的気軽に行えるものは、中長期投資と呼ばれるものでしょう。

 

一日のうちの株価変動に大した意味はなく、もっと長期的に観察して売り買いをする株式投資です。

 

ロングスパンでの株式投資になるため、デイトレードとは違い先見の明を求められるかもしれません。

 

これから成長していくだろう企業や注目の業界に目をつけ、応援する意味も込めて株式投資をしていくのがセオリーです。

 

株式投資では株価の上昇傾向を読むばかりでなく、下落の予感を察知する事も求められます。

 

出来るだけ損害を小さく済ませるためには、早めに手を打たなければなりません。

 

FX

 

FXという言葉を耳にする機会は少なくありませんから、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

テレビで紹介される事もあり、実際にそうした流れからFXを開始された方もいるかもしれません。

 

要するに投資であり資産運用と呼ばれるものであるため、若い世代より年配者の方がFXに対する関心を持っていそうですね。

 

さて、FXが投資であり資産運用と言われても投資には様々な対象があります。

 

最も有名かつ多くの人に親しまれている投資と言えば、株式投資でしょうか。

 

株式投資では会社が発行する株式を取得して高値がついた時に売って利益を出すものですが、FXは外国の通貨でこれと同様の事をします。

 

ニュースを見ていると必ず提示される外国為替市場の一ドル何円という情報こそ、FXの指標となるものです。

 

取引や情報入手などFXではスマホは重要なツール

 

FXで扱う通貨は米ドルだけでなく、様々な通貨が対象となります。

 

ニュースで扱われる情報は精々が米ドルかユーロですが、他に豪ドルや英ポンドといった通貨が存在しFXに用いられています。

 

ドルという共通点こそありますが米ドルと豪ドルとではレートが全く異なり、当然FXとして運用すれば結果も違ってくるのです。

 

ニュースで扱われるかどうかは、実際にFXをしていく上では大して重要ではありません。

 

近頃では専用のアプリを利用する事により、いつでもどこでも簡単にFX関係の情報を手に入れる事ができます。

 

アプリの使い勝手は様々なので、色々試して使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

 

FXは基本的に為替レートの差額で儲けを出すものですが、これ以外にも利益を出す部分があります。

 

FXのような投資において情報収集能力は欠かせないので、常にアンテナを張って最新情報を手に入れられる状態にしておきたいです。

 

FX最大の特徴といっても過言ではないのが、手持ちの金額よりもずっと大きな額の運用ができる点です。

 

限られた額しかFXに使えないような環境においても、大きな利益を期待できます。

 

ただしこのFXのシステムを利用すると、利益の可能性が大きくなった分だけ損失時のリスクも大きくなるので注意が必要です。

 

10倍や20倍といった、ハイリスクハイリターンな勝負はFXに慣れてから手を出すと良いでしょう。

 

このハイレートなシステムは利用しなくても良いため、地道に行きたい方でも安心して運用できるのがFXです。

 

元々、株式投資と比べて少額から初められるメリットがあります。

 

添削アルバイト

 

添削アルバイトというのは人気があり、予備校や個人塾が運営する中学校や高校などで、採点、添削をするバイトです。

 

ただ○×をつけるだけではなく、添削アルバイトは、答案の中身を読み解いて部分点を付けることもあるで、知識が必要です。

 

採点や添削をする枚数に作用される歩合制になっているのが添削アルバイトの特徴で、時給制ではありません。

 

採点枚数は100枚単位での募集が多いのですが、添削アルバイトに関しては、採点の難しさがあります。

 

一般的に、添削アルバイトの募集は、各予備校のホームページですることが多く、年度末や年度初めに募集しています。

 

採用されるには、まず履歴書を送付し、面接を受けて、テストがあり、添削アルバイト採用という流れになります。

 

採点者の学力が求められるバイトなので、添削アルバイトに関しては、必ず、採用のテストがあります。

 

採点マニュアルがあるので安心

 

添削アルバイトは、難しいように感じますが、大学に合格できる学力があれば、大体合格できるレベルです。

 

一度採用されると継続して依頼されることが多いので、添削アルバイトは、美味しいバイトと言えます。

 

大学生に人気のバイトが添削アルバイトで、大学1年生から始めると、長期間バイトすることができます。

 

長い間、添削アルバイトを続けている人の中には、社会人になっても引き続き、継続してやっている人もいます。

 

紹介による採用が重視されているので、添削アルバイトは、継続性がアピールできる仕事なのです。

 

模試の採点は学生の運命を作用するので、添削アルバイトは、かなり大きな責任のある仕事と言えます。

 

不特定多数の人から添削アルバイトを募集するより、採点している人に紹介してもらう方が集まりやすい傾向にあります。

 

添削アルバイトをするに当たっては、必ず採点マニュアルがあり、採点者によって得点にばらつきがでないよう配慮しています。

 

予備校ごとに、細かい採点マニュアルが作成されていて、添削アルバイトは、マニュアルで採点するので、失敗は少ないです。

 

採点中わからないことがあれば、添削アルバイトの本部に質問できるような体制になっています。

 

慣れれば慣れるほど時給が高くなるのが添削アルバイトの魅力で、回数をこなすと採点の要領がわかって早く採点できるようになります。

 

早くなれば1枚3~5分で採点できるようになり、添削アルバイトで時給2,000円を越えるのも夢ではありません。

 

突然授業が休講になった場合や、空き時間が出来た場合に添削アルバイトは可能で、苦手科目は避けて得意科目だけ応募することもできます。

 

自宅でできる仕事が選ばれる理由

他にも仕事はあるのですが、種類が限られてしまうため、好きな仕事が必ずしもできるというわけではありません。

 

どこかで我慢したり、妥協しなければならないこともあります。

 

ですが、自宅で仕事が出来ますから会社勤めのように出勤する必要はなく、自分の空き時間を利用して行うことができるのです。

 

たとえば子育て中の方なら、合間を見て仕事ができますし、小遣い稼ぎや病気治療の為に自宅で療養している人、資格を取るために勉強中の人などが行っています。

 

また、不景気のため会社の情勢も不安定ですから、いざというときのためのパイプとしての役割も担っており、副業としても人気があります。

 

この他に人気の副業・在宅ワークとして、アフィリエイトや、アンケートモニターなどがあります。

自宅アルバイトのメリット・デメリット

在宅ワーク

 

自宅で行うアルバイトにはメリットもあればデメリットもあります。

 

ではそれぞれ見ていきましょう。

 

自宅アルバイトのメリット
・会社に拘束されない
・会社勤めよりも自由度が高い
・人と顔を合わせなくてもいい
・空き時間を利用して行える

 

自宅アルバイトのデメリット
・最低賃金制が適用されない
・完全歩合制である
・一定の条件で確定申告が必要となる

 

在宅ワーカーのためのハンドブック

 

メリットとしてはやはり自分の自由な時間を利用できるというのが大きいでしょう。

 

ですが、反対にどんなに仕事をしても時給が100円程度にしかならないということもあります。

 

ですから、在宅で仕事をしている人が会社勤め並みの給料を得るのはほんの一握りに限られます。

 

同じデータ入力を行う場合でも、会社勤めの人のほうが収入は上だといえるでしょう。

 

こうしたメリット、デメリットを踏まえて、自宅でできる仕事を行いましょう。

 

自宅でできる副業の主な種類

自宅で出来る副業は大きく分けると、従来からある内職型の仕事と、インターネットを活用した仕事に分けられます。

 

内職型の仕事の場合は、単純ながら根気の必要な仕事が多いのが特徴です。

 

インターネットの場合にも、同様に単純作業の場合もありますが、中にはそれだけで副業として年間に何百万、何千万と稼ぎ、会社を辞めて独立するほど、上手くいくと大きく稼げる副業もあります。

 

自宅でできる副業

 

ここでは、よくある副業のタイプについて解説させて頂きます。

 

内職型の副業

 

まずは内職型の副業です。

 

代表的なものとして、シールや値札を貼る仕事、袋詰めの仕事、ダイレクトメールの封筒詰めなどがあります。

 

その他にもボールペンの組み立てや、カーペットやソファーのサンプルを貼る仕事、ガチャガチャなどの景品をカプセルに入れる仕事など、誰にでも出来る代わりに単価は低い副業となります。

 

内職型の副業でも、裁縫やかけはぎなどそれなりの技術を必要とする仕事の場合、単価が少し上がる傾向があります。

 

自宅でできる仕事の求人 | ヤフーしごと検索

 

インターネットを活用した副業

 

インターネットで在宅ワーク

 

次にインターネットを活用した副業です。

 

副業の中で誰もが憧れるのはアフィリエイトでしょう。

 

時間にとらわれず、資金を必要としないにも関わらず、成功すれば月に数十万~数百万という報酬を受ける事も可能です。

 

ただし、実際にはアフィリエイトで月に5,000円以上稼げている人は全体の5%に満たないとも言われており、参入障壁が低いのでとりあえず始めてみたものの、よく分からないままに辞めてしまう人の方が圧倒的に多いのです。

 

参考文献

 

また、株式投資やFXも人気の副業です。

 

これらはアフィリエイトとは異なり、資金は必要になりますが、投資信託や国債などを遥かに超える利回りで大きな収入を手にして、独立して株やFXだけで生活をしている人もいます。

 

その他にもインターネットならではの、アンケートモニターや名刺などのデータ入力、ブログの更新、ネットオークションの代行など、様々な副業があります。

 

自分の性格やスキル、環境に応じた在宅ワークを見つけましょう!

 

やはりパソコンを使った副業がおすすめ

 

特に文章を書く事が好きだとか、得意だとかという方なら、自分のブログを開設し、そこでお金を稼ぐという事も可能です。

 

実際、何気なくブログやHPを運営している人にとっては、想像も出来ない話かも知れませんが、そこを在宅副業の場としている人は多数です。

 

その収入源の多くはアフィリエイトと呼ばれるもので、ウェブ広告のリンクを貼り付け、そこを読者がクリックしてくれれば、収益が発生する仕組みです。

 

1回のクリックは安価ではありますが、それでも、ちりも積もればで、収入が発生する以上、立派な在宅ワークであり、会社員なら副業だと言っても過言ではありません。

 

副業を探しておられる方の多くは、やっぱりお金が欲しいと思っていらっしゃる方が多いと思います。

 

つまり、日頃は真面目に堅実なサラリーマンやOLをやっている人でも、必ず心のどこかに一攫千金の夢をお持ちのはず。

 

でしたら、いっそのこと、在宅でそういう億万長者を目指す副業をするのも悪くはないでしょう。

 

俗に言う財テクというもので、株やFX、あるいは外国為替なども、本腰を入れてやれば、立派なサイドビジネスになります。

 

無論、自宅でパソコンの前に座り、検討しては売買する訳ですから、在宅での副業と言っても過言ではないでしょう。

 

ただ、それにはある程度の資本金が必要になりますから、まずは先に、それを準備しなければなりません。

 

在宅ワークを始める前に

自宅で行う事が出来る副業とアルバイトの大きな違いの一つに、その雇用形態が挙げられます。

 

アルバイトと違い、内職SOHO問わず、そのほとんどは雇用されるという形ではなく、業務委託という形になります。

 

アルバイトでは、雇用契約という契約を結びますが、業務委託では法律で直接何かを規制されていないので、その内容は事業主、つまり仕事をくれた人が自由に決める事が出来ます。

 

例えばアルバイトなら、各都道府県で最低賃金などが決められていますし休憩時間などの取り決めもありますが、そうした決まりもありません。

 

ですから、内容的に劣悪な業務というのも含まれている可能性があるので、契約書などをもし取り交わすなら、その内容は十分に注意する必要がありますし、仕事の内容もしっかりと分からない事は質問しながら確認する必要があります。

 

在宅ワークと税金・確定申告

国税庁

 

またその他の注意点として、内職SOHO以外に、アフィリエイトや輸入転売、FXなどで収入を得た場合にも言える事ですが、ある一定の条件を満たしていて、既定以上の所得を副業で得た場合、確定申告が必要になります。

 

アルバイトや正社員でしか働いた事が無い方は今まで確定申告を行った事は恐らく無いでしょう。

 

間違いやすいのが、この所得というのは、収入があった金額の事では無く、収入から経費を引いた金額の事になります。

 

例えば、裁縫の内職で年間45万円収入があったけれど、仕事用に購入したミシンと糸の代金が10万円掛かったとしたら、収入は45万円で、所得は45-10=35万円となります。

 

ですからこの場合、所得は38万円以下となり、確定申告は必要ではなくなります。

 

しかし、このミシンと糸を実際に買ったという証拠が無ければ、いわれのない疑いを税務署に掛けられてしまう恐れも無いとは言い切れません。

 

ですから、所得が38万円を超えずに確定申告しなくて良い場合も、所得が38万円を超えて確定申告を行う場合にも、このミシンと糸を仕事用に買った、という証拠はきちんと残さないといけません。

 

その為にも、領収証はきちんともらって保管しておいて下さいね。

 

経済産業省のWEBサイト(METI/経済産業省)

 

【保存版】引きこもりつつ稼ぐ方法【9つの方法/在宅ワーク特集】

TOPへ