添削アルバイト

添削アルバイトというのは人気があり、予備校や個人塾が運営する中学校や高校などで、採点、添削をするバイトです。

 

ただ○×をつけるだけではなく、添削アルバイトは、答案の中身を読み解いて部分点を付けることもあるで、知識が必要です。

 

採点や添削をする枚数に作用される歩合制になっているのが添削アルバイトの特徴で、時給制ではありません。

採点枚数は100枚単位での募集が多いのですが、添削アルバイトに関しては、採点の難しさがあります。

 

一般的に、添削アルバイトの募集は、各予備校のホームページですることが多く、年度末や年度初めに募集しています。

 

採用されるには、まず履歴書を送付し、面接を受けて、テストがあり、添削アルバイト採用という流れになります。

 

採点者の学力が求められるバイトなので、添削アルバイトに関しては、必ず、採用のテストがあります。

採点マニュアルがあるので安心

添削アルバイトは、難しいように感じますが、大学に合格できる学力があれば、大体合格できるレベルです。

 

一度採用されると継続して依頼されることが多いので、添削アルバイトは、美味しいバイトと言えます。

 

大学生に人気のバイトが添削アルバイトで、大学1年生から始めると、長期間バイトすることができます。

 

長い間、添削アルバイトを続けている人の中には、社会人になっても引き続き、継続してやっている人もいます。

 

紹介による採用が重視されているので、添削アルバイトは、継続性がアピールできる仕事なのです。

 

模試の採点は学生の運命を作用するので、添削アルバイトは、かなり大きな責任のある仕事と言えます。

 

不特定多数の人から添削アルバイトを募集するより、採点している人に紹介してもらう方が集まりやすい傾向にあります。

 

添削アルバイトをするに当たっては、必ず採点マニュアルがあり、採点者によって得点にばらつきがでないよう配慮しています。

 

予備校ごとに、細かい採点マニュアルが作成されていて、添削アルバイトは、マニュアルで採点するので、失敗は少ないです。

 

採点中わからないことがあれば、添削アルバイトの本部に質問できるような体制になっています。

 

慣れれば慣れるほど時給が高くなるのが添削アルバイトの魅力で、回数をこなすと採点の要領がわかって早く採点できるようになります。

 

早くなれば1枚3〜5分で採点できるようになり、添削アルバイトで時給2,000円を越えるのも夢ではありません。

 

突然授業が休講になった場合や、空き時間が出来た場合に添削アルバイトは可能で、苦手科目は避けて得意科目だけ応募することもできます。

TOPへ