自宅で出来る副業を行うために必要な環境や用意するもの

内職的な副業を行うのに必ず必要なものは、作業をするスペースと商品の在庫を置くスペースです。

 

これが無ければ、内職の副業をやりたくてもそれは不可能です。

 

とは言え、一度の委託でそこまで大量の在庫の依頼は行わない事の方が多いですから、狭いご自宅に住んでいらっしゃる方でも、何とか捻出は可能でしょう。

それ以外には、作業に応じてはさみであったりのりであったり、カッターであったりと一般的な文房具程度は使用する事が、作業によってはあるかもしれません。

 

裁縫など、特殊な技術を用いる内職の副業であれば、もちろんミシンなどの機器も必要になります。

 

次にインターネットを用いたSOHO的な副業を行う場合、まず確実に必要なのがパソコンです。

 

しかし、パソコンがあるだけでは意味がなく、インターネットに接続できる環境が必要となります。

 

もしまだインターネットに契約していなければ、その契約とプロバイダも決めなければいけません。

必要なパソコン環境

SOHOの場合には作業によって必要な文房具などは存在しませんが、作業によって、パソコンのスペックやアプリケーションが必要になります。

 

まず必ず必要なのがメールアドレスです。

 

SOHOの場合、やりとりは基本的にはメールで行いますから、フリーのメールアドレスなどを取得する必要があります。

 

出来ればスマートフォンなどからでも内容を確認できるよう、クラウドサービスのGmailやヤフーのメールが良いでしょう。

 

パソコンの性能は、あまり普段からパソコンを使わない方であれば、万が一windows xpよりも古いタイプのOSが搭載されているパソコンですと、副業として使うには少し頼りないかもしれません。

 

またマックのパソコンを使用している方は、仕事によってはウィンドウズと互換性のあるアプリケーションなどのインストールが必要となる場合があります。

 

例えばエクセルやワードがそうですが、これらはマイクロソフトの商品ですから、マックには搭載されていません。

 

ウィンドウズの普及率が日本では今でも非常に高いので、マックだとやりとりを行う場合にそうして少し面倒な事も出てきてしまいますのでお気を付け下さい。

TOPへ