輸入転売とは

輸入転売というのは、早い話が安く仕入れて高く売ろうという転売の規模を広げたものです。

 

輸入という堅苦しい感じの言葉を使っていますが実際はそんなに難しい事ではなく、特別な専門知識もないまま輸入転売は始められます。

 

ほぼ全ての作業をインターネット上で完結できるため、普段忙しくて時間のない方でも副収入を期待できるのが輸入転売です。

輸入転売と言っている通り海外との取引を必ず行いますが、特別に英語力が要求される事はありません。

 

せっかく安く仕入れたものも、売れなければ損失が出るだけです。

 

幸いにもヤフーオークションやアマゾンと言った、輸入転売での売り場となるサイトが今は充実しています。

 

利用者の数もかなり多いですから、輸入転売ではこうしたサイトを利用していく事になるでしょう。

商品仕入れのポイント

輸入転売をする時の商品の仕入先は、特別な販売ルートを構築する事もあるかもしれませんが一般に紹介されているのは大手サイトです。

 

もちろん日本のサイトではなく、中国やアメリカのサイトからお手頃商品を仕入れて輸入転売します。

 

中国語が分かればベストかもしれませんが、分からないからと言って中国経由での輸入転売が出来ない事はありません。

 

商品の注文なら翻訳ツールを使えば事足りますから、輸入転売では外国語よりも行動力の方が重宝されるでしょう。

 

ただ商品を輸入して売るだけでは輸入転売にならず、よく売れる商品を多く輸入して売りさばくのが基本形です。

 

そのためには商品の見極めが欠かせないため、輸入転売では日頃から売れ筋の商品をチェックする事が重要になります。

 

少々面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくると簡単にポイントが見えてくるため輸入転売が副業として成立するのです。

 

輸入転売では少しでも差額を大きくして利益を出したいですから、季節ものなどは仕入れの時期を計算します。

 

オンシーズンに比べてオフシーズンでは、同じ商品でも価格が安くなる傾向にあります。

 

オフシーズンの時に仕入れたものを寝かせておき、オンシーズンに向けて輸入転売すれば通常よりも大きな利益が期待できますね。

 

ただし大量に仕入れると、それだけ大掛かりな置き場所を要します。

 

輸入転売全般に言える事ですが、はじめのうちは少量から手応えを掴んでみると良いでしょう。

 

売値と買値だけでなく、他にかかるコストも計算してしっかり利益が出るかどうかを確認しなければ輸入転売は出来ません。

TOPへ