集客

居酒屋経営の集客方法とは

居酒屋経営の集客方法とは

集客イコール売り上げアップとなるのが居酒屋経営です。

 

では何もしなくても人は集まるのでしょうか。

 

お店の求めているターゲットに対して新聞の広告や雑誌、さらにはインターネットを通じてお店の良さやウリ、看板メニューなどをアピールするだけではありません。

 

もちろんこれらも大事な要素の1つです。

 

昔ながらの方法として大切なことは一度来たお客様に満足して帰ってもらうことが一番の集客方法となるのです。

 

来店された方に満足してもらうことが出来れば、もう一度来てくれる可能性が高くなりますし、一緒に誰かを連れてきてくれれば更に輪が広がっていくのです。

 

店の外観から内装や花の位置、トイレの清潔感、また従業員の挨拶や対応の仕方、料理の出すタイミング、そして見た目や味といった基本的な部分は、一つ一つ丁寧に対応する必要があります。

 

当たり前と思うことが当たり前に出来ていなければならないのです。

 

このため、従業員を含めた統一の意識が必要です。

 

経営者だけが先走って空回りすることは避けてください。

 

全員が同じ方向を向くようにモチベーションを維持しなければならないのです。

 

一つ一つの行動が全て販促活動であるという認識を持たなければならないのです。

 

従業員に対し、目に見えた結果としてあらわすのであれば臨時ボーナスを出すぐらいの気持ちがあってもいいでしょう。

 

プロとしての意識を持たせるためには報酬も評価の1つです。その部分を忘れてはいけません。

 

理想と現実をブレンドするには経営者のさじ加減が重要です。

 

また知ってもらうということにおいては今や口コミサイトやSNSは欠かせません。

 

しかし、店のコンセプトとして撮影をあまりして欲しくない、または禁止したいのであれば、写真や動画を撮る人に対してどういう対応をするお店なのかをはっきりさせることも非常に重要です。

 

お客の年齢層にもよりますし、周囲との兼ね合いもあります。

 

曖昧な態度だけはしてはいけません。