集客

居酒屋経営でキャンペーンはすべきか

居酒屋経営でキャンペーンはすべきか

マグロ三昧、寒ブリフェアー、マツタケフェアーなど時期になると飲食店でよく目にする登りや広告があります。

 

確かに目を惹きますし、季節感を演出することで、それにつられて入店することもあります。

 

では居酒屋でキャンペーンは必要なのでしょうか。

 

フランチャイズのお店であれば必ずキャンペーンをしています。

 

季節ごとに必ず新しいのぼりが立っているのはそのためです。

 

個人経営のお店でのキャンペーンは、駆け出しで新規の顧客が欲しいときに効果が期待できます。

 

季節の旬のものはそれだけで目を惹きます。

 

まずはお客様が来てこその経営ですので、キャンペーンを機に店を知ってもらってまた来ようかなと思わせなければなりません。

 

全ての季節ごとに行うのはなかなか難しいかもしれませんが、自分が出来る範囲でのキャンペーンはありです。

 

またランチメニューを行うことが出来るのであれば、顧客獲得にはオススメです。

 

昼にランチを食べもらいながら、その間に夜の居酒屋メニューもチェックしてもらうことが出来ます。

 

味も気に入ってもらえれば夜に飲みに来ようかなと思ってもらえるのでラッキーです。

 

ランチでの売り上げも出てくれば経済的にも潤いますし、新規顧客も獲得できるのでメリットが大きいです。

 

労働時間が長くなることへの対策は必要ですが、ランチが繁盛すればもう一人アルバイトを雇うぐらいの余裕が出てくるでしょう。

 

昼と夜の従業員を入れ替えることで長時間労働にも対応できます。

 

ただし忙しくなったからとって全ての作業に手を抜いてはいけません。

 

少し味が変わっただけでお客離れていきます。

 

従業員の態度で二度と行かないということもあります。

 

売れ始めているからこそ重要な部分です。

 

ある程度収入が安定してきたら、人気のあるキャンペーン残しでアレンジを加えていけばいいでしょう。

 

また人気のないキャンペーンは無駄に続ける必要はありません。

 

キャンペーンは話題作りにもなり、非常に有効な経営手法の1つであると言えます。