経営

居酒屋経営のデメリットとは

居酒屋経営のデメリットとは

居酒屋経営のデメリットとは

居酒屋を経営するにあたって自分自身でなんでも出来るというメリットはあります。

 

居酒屋開業・経営のメリットとは

 

必ずと言っていいほどお客さんは来るでしょう。

 

それがたとえ一人であっても少なからず集客することが出来れば、なんとか経営していけるのが居酒屋です。

 

しかし居酒屋経営にもデメリットは存在します。

 

まずはお客さんがこなくてもかかる費用が多いということです。

 

居酒屋の規模にもよりますが、少なからず費用はかかります。

 

調理場だけでなく、食材などの保管庫、飲食のスペース、トイレなど実際に使うスペースの他にスペースを確保しなければならないので、必要最低限のスペースであったとしても高い家賃が必要となります。

 

また電気代や光熱費などもお客さんがいなくてもどんどん掛かってきます。

 

また個人経営の居酒屋かチェーン店の居酒屋によってもデメリットはあります。

 

個人経営であれば、良くも悪くもオーナー次第で売り上げが変化します。

 

やりたいようにやれるメリットはありますが、こだわりを見せるとお客が離れていく場合があるので注意が必要です。

 

従業員を雇った場合、必ず無理せず休ませることも大事です。

 

儲かっていると、ここぞとばかりに働かせてしまう傾向が強いです。

 

しかし、正社員がここは大事な時期と考えるのに対して、アルバイトはそこまで重要視していないことが多いです。

 

正社員とアルバイト・パートのモチベーションが同じになることは中々難しいのです。

 

過度の労働はミスにも繋がります。

 

チェーン店の居酒屋であれば、多くの場合メニューやシステムが本社により決められています。

 

たとえ人気の無いメニューであっても外すことは出来ません。

 

良くも悪くもマニュアル通りで、臨機応変な対応をすることが難しくなってきます。

 

またいずれの場合においても経営者が1人だけ先走ることにはリスクがあります。

 

自分の理想も大事ですが、社員をそれと同じくらい大事にすることが必要です。

 

周りを見る余裕がなければいい仕事は中々難しいものとなります。