お金

居酒屋チェーン店の店長は儲かる?

居酒屋チェーン店の店長は儲かる?

居酒屋チェーン店の店長は儲かる?

居酒屋チェーン店の店長はいわゆるのれん分けです。

 

有名店の看板やメニュー、ノウハウを全て使用する代わりに加盟金や月々の売り上げから何%かを支払わなければなりません。

 

自分自身で居酒屋を経営した場合とフランチャイズで行う場合どちらが儲かるのでしょうか。

 

フランチャイズで始めた場合、いくつかのメリットがあります。

 

まずは未経験であっても誰でも出来るということです。

 

飲食店での勤務や経営の経験がなくても、メニューを含めてマニュアルは全て決まっています。

 

決まっていることを覚えるだけなのでそこまで難しいものではありません。

 

更に、メニューや値段、内装、広告、宣伝に至るまで、個人の一存で新たに設定する必要はほとんどありません。

 

季節ごとのイベントも決められています。

 

余計なことを考えないで、営業そのものに集中することが出来るのです。

 

またフランチャイズは知名度の高さが魅力です。

 

店によって味の変化が無いので、どこか別の場所で同じ名前の店に行ったことがあれば、その人は既にリピーターです。

 

お客がついている状態から始めることが出来るということです。

 

そのため何かあっても失敗が起こりにくく、ある程度は儲かる仕組みになっているのです。

 

フランチャイズの店長は雇われ店長であれば月給通りに給与をもらうことが出来ます。

 

売り上げが多ければボーナスの査定が上がることもあります。

 

それよりも儲けたいというのであれば店長兼オーナーという立場になることも出来ます。

 

自分の店とすることでバイトも含めて、ある程度は自分で決めることが出来るのです。

 

しかし、中には毎月支払うロイヤリティが高額で、人件費を差し引くと残らないというオーナーもいます。

 

さらにはその会社が何か不祥事を起こしてしまえば共倒れとなるリスクがあります。

 

自分自身に非が無くても経営はがた落ちです。

 

どうしても自分やりたいようにと考えるのであれば個人での居酒屋経営をオススメします。

 

安定を求めるのならフランチャイズです。