お金

居酒屋経営のための資金調達

居酒屋経営のための資金調達

居酒屋経営のための資金調達

居酒屋を経営するためには、資金調達が何よりもカギになってきます。

 

居酒屋経営するためには、開業資金だけでも数百万円から1000万円前後のお金が必要になります。

 

昔からこつこつ貯蓄をしていれば、開業資金をすべて自分でねん出できるかもしれません。

 

しかし自己資金だけで賄えないのであれば、どこかから融資を受ける必要があるでしょう。

 

親族や友人で借りられるところがあれば、援助を求めるのもいいでしょう。

 

通常店の運転資金の融資を受けるとなると、銀行をイメージする人が多いと思います。

 

ただし銀行の場合、融資をするにあたって今までの実績を重視する傾向があります。

 

これから開業する人の場合、実績が一切ありません。

 

このため、どうしても銀行の審査はシビアになる傾向があります。

 

もし銀行融資を受けるのであれば、口座開設しているとか、定期預金をしているなど個人的な付き合いのあるところにお願いしたほうが有利になります。

 

また都市銀行と比較すると、皆さんが店を出そうと思っているところをカバーしている地方銀行のほうがていねいに対応してくれる場合が多いです。

 

銀行融資のほかに活用を勧めたいのが、公的機関からの借り入れです。

 

日本政策金融公庫では、これから開業しようと思っている人を対象に融資を実施しています。

 

担保や保証人に関する条件も、銀行と比較するとハードルを低く設定しています。

 

長期・低金利の借り入れの相談にも乗ってくれるので、日本政策金融公庫で融資のお願いをしてみるのも一考です。

 

ただし日本政策金融公庫の融資申し込みですが、審査通過して融資実行されるまでに時間を要する傾向があります。

 

せっかく融資が受けられるとなっても、融資までに手間取って資金がショートしてしまっては意味がないです。

 

そこで、もしもの場合を想定して、一時的な借り入れのためのつなぎ融資の利用も検討しておきましょう。

 

開業資金をどうやって調達するか、早い段階で計画を立てておいた方がいいでしょう。