集客

LINEを使って居酒屋の集客を狙う

LINEを使って居酒屋の集客を狙う

LINEを使って居酒屋の集客を狙う

若者の間でスマホを使ったコミュニケーションツールとして、LINEが人気です。

 

2013年の時点で、ユーザー数は実に1億を超えているとされています。

 

無料で通話できるアプリなので、気軽に会員登録できるのが魅力です。

 

皆さんの中でも、LINEを普段使っている人もいるかもしれません。

 

ところで居酒屋経営をするにあたって、LINEを宣伝ツールとして活用するのはなかなかお勧めです。

 

LINEでは個人向けとは別に、店舗や施設向けのビジネスアカウントサービスのLINE@を実施しています。

 

月額5000円かかります。

 

無料プランもありますが、かなり機能が制限されます。プラン・料金 – LINE@でファン獲得!無料アプリで簡単に始めるビジネスLINE

 

しかしこのコストを負担しても利用すべき特典が色々とあります。

 

ビジネスアカウントサービスでは、PRページ機能がついています。

 

この機能を使って、たとえばクーポンなどの配信を行うこともできます。

 

たとえば女子会向けクーポンや雨の日限定クーポン、午後6時までに入店した人のためのクーポンといった感じでいろいろなクーポンを発行できます。

 

たとえば雨の日のクーポンなどは、客足が悪くなる日に売り上げの落ち込みを食い止めるためにも有効でしょう。

 

従来の個人経営の居酒屋の場合、チラシを配るなどの方法が主流でした。

 

しかしチラシの場合受け取ってもらえない、受け取ったとしてもきちんと内容を見てもらえないことが多いです。

 

一方LINEの場合、プッシュ通知がついているので、情報をきちんと見てもらえる可能性が高いです。

 

そうすれば、来店などのリアクションもより高く期待できます。

 

LINEのビジネスアカウントサービスでは文字だけでなく、画像をアップすることも可能です。

 

たとえば店の一押しメニューとか、新メニューなどの画像を掲載すれば、見ている人の興味をきっとそそるでしょう。

 

LINEは先ほども紹介したように、利用者の多いサービスです。

 

よってLINEを使って店の宣伝をするのは、ユーザー間の広がりという意味では大変有効といえます。