開業

居酒屋経営を失敗しない方法

居酒屋経営を失敗しない方法

居酒屋経営を失敗しない方法

居酒屋経営は特に技術も必要なく簡単に始めることが出来ます。

 

簡単に始められるということはなり手が多いので、競争が激しいということです。

 

このため急に売れなくなったりすることは多々あります。

 

他にいいところが出来ればそこに消費者が流れるからです。

 

では居酒屋経営を失敗しないためにはどうしたらよいのか考えていきましょう。

 

まずは、どの居酒屋にも勝たなければならないという概念を捨てましょう。

 

大きな売りあげをあげるには確かに全てにおいて上回る必要があります。

 

しかし、それは自分のスキルや経験はもちろんのこと従業員を雇った場合は従業員にも求めるものが大きくなっていきます。

 

そこを目指すのはもちろん間違いではありません。

 

しかし、全速力でフルマラソンを走るようになってしまうので、どこかで息切れもしくはリタイアということになりかねません。

 

自分が出来ること、自分のこだわりの部分で勝ち残ることが大切です。

 

消費者に寄せることも大切ですが、まずは自分自身のこだわりに消費者がついてきてくれるかどうかを考えてみましょう。

 

他の店との商品・サービスにおいて差別化を図ることは悪いことではありません。

 

ターゲットを絞ることは難しいことではないはずです。

 

次に重要なのは立地条件です。

 

遠くてもそこにに通いたい飲食店というのは余程他と違うものがあるからです。

 

しかし、回転率を考えると交通機関の近くがベストです。

 

またサービスで手を抜くことをしてはいけません。

 

近頃ではインターネットでの書き込みや投稿によって店の評判や従業員の態度まで情報が得やすくなっています。

 

一度ついたイメージを払しょくするには並大抵の努力では難しいのです。

 

値段以上の満足をしてもらえるように心がける必要があります。

 

また地域住民との関わり合いも大切です。

 

町の集まりなどに利用してもらえると、またそこからお客様が増えることもあります。

 

どんなに小さいと思うことでも、後々の仕事に繋がるかもしれません。