経営

アルバイトへの教育も居酒屋経営では重要

アルバイトへの教育も居酒屋経営では重要

アルバイトへの教育も居酒屋経営では重要

居酒屋の中でも比較的小さな店舗であれば、自分一人や家族に手伝ってもらって切り盛りもできるかもしれません。

 

しかしある程度の規模の居酒屋経営を考えているのであれば、アルバイト店員を採用する必要もあるでしょう。

 


居酒屋経営を左右する接客マナー

アルバイトを採用する場合、接客マナーについての教育をしっかり行う必要があります。

 

姿勢や表情、言葉遣いといったことをきちんと教えて、お客さん不快な思いをさせないように心がけないといけません。

人材確保と同じくらい重要なこと

都心部を中心として、飲食業のアルバイトは人手不足の状況が続いているといわれています。

 

このためアルバイトの求人情報などを見てみると、時給1000円を超えるような好待遇の案件もしばしば出ています。

 

しかしこのような好待遇でもなかなか人材が集まらないと嘆いている飲食店のオーナーもしばしばみられます。

 

そこで人材を確保することはもちろんのこと、採用したアルバイトをいかに辞めさせずに長く働き続けてもらうかも考えていかないといけません。

 

アルバイトが長く働き続けるためには、日ごろからしっかりとコミュニケーションをとっておくことが大事です。

 

仕事に関して不満や悩みを抱えていないか、常日頃から話をして情報を把握しておくことが大事です。

最も重要なのは 笑顔で元気よく接客する

ある程度仕事をするにあたってマニュアルは必要です。

 

しかし何もかもマニュアルで縛ってしまうと、従業員が働きがいを感じなくなるかもしれません。

 

そこである程度自主性を重んじて働かせることも大事です。

 

接客教育については、いろいろと教えたいこともあるでしょう。

 

しかし絶対に欠かしてはならないのは、「笑顔で元気よく接客する」ことです。

 

居酒屋のアルバイト店員の中には、「いらっしゃいませ」とか「ありがとうございました」といった挨拶がきちんとできていないケースもあります。

 

挨拶は他人とコミュニケーションをするにあたって、基本中の基本です。

 

挨拶のきちんとできない店員のいるお店で、お客さんは快適なひと時を過ごせないでしょう。

 

挨拶の徹底は従業員教育として欠かせないところです。