開業

居酒屋経営成功のためには最初の準備が重要

居酒屋経営成功のためには最初の準備が重要

居酒屋経営成功のためには最初の準備が重要

居酒屋を開業しても、しばらくすると閉店してしまうケースは珍しいことではありません。

 

その中でも失敗するパターンとして多いのが、経営方針がしっかり定まっていない段階で店をオープンしてしまうパターンです。

 

「そのうちやっていれば見えてくるだろう」「とりあえず店を始めて、おいおい考えていけばいいだろう」と思っている人もいるようです。

 

しかしこのような軸になるところが決まっていないと、経営方針もぶれやすくなります。

 

その結果、お店の特徴をうまく出すことができなくなって客足が遠のいてしまうのです。

 

もし居酒屋経営をこれから始めようと思うのであれば、店のコンセプトをどうするのかを決めておきましょう。

 

どのようなお客さんを相手にして、どんなメニューをどれくらいの価格で出すのかを、オープンする前にはっきりさせておきましょう。

 

そうすれば、このコンセプトに見合ったサービス・メニューを提供すればいいのです。

 

よって新サービスや新メニューを出すときにも、ぶれることはありません。


コンセプトを基盤にする経営

「初心忘れるべからず」という言葉がありますが、居酒屋の経営で迷いが生じた場合にはコンセプトに立ち返ってみましょう。

 

コンセプトを決めても、店をオープンしてから1mmたりとも変えてはならないというわけではありません。

 

実際に店の経営を始めるようになってから見えてくることもあるはずです。

 

コンセプトを変更してもかまいません。

 

ただし根底から覆すような大幅な変更はしない方がいいでしょう。

 

コンセプトを基盤にして経営を進めていくことは、集客や安定した収益を上げるために必要なことです。

 

またお客さんに対するアンケートをとることも大事です。

 

お客さんが店に訪れた時にどのように感じているのかを知ることは、店を改善するためのヒントになります。

 

アンケートという形でなくても、常連のお客さんとはいろいろと話をしてみるといいでしょう。

 

お客さんの何気なく発した一言の中に、店の売り上げを向上するためのヒントは結構隠されているものです。