経営

居酒屋経営の流れをまずは理解しよう

居酒屋経営の流れをまずは理解しよう

居酒屋経営の流れをまずは理解しよう

居酒屋を経営したいと思っているのであれば、まずは開業するにあたっての情報収集を急ぎましょう。

 

居酒屋経営についての書籍やサイトもありますので、こちらで情報収集をしたり、セミナーなども開催されているのでいくつか参加してみましょう。

 

そのほかに知人や友人で居酒屋経営している人がいれば、その人に話を聞くのもおすすめです。

 

店を出すにあたって、どのようなことに注意すべきかなどのアドバイスがもらえます。

 

続いて、居酒屋開業するための資金を準備しましょう。

 

居酒屋を出すにあたって、開業資金として数百万円、場合によっては1000万円前後の資金が必要になる場合もあります。

 

自己資金で準備できないのであれば、公的機関や銀行の融資を利用する、両親などから援助を受けられないか、いろいろとシミュレーションしてみましょう。


居酒屋経営の成否を握るポイント

居酒屋開業するにあたって、経営の成否を握るポイントに立地があります。

 

お客さんの通いやすいところにあるか、自分がイメージしている客層にマッチした環境かなどを検討しましょう。

 

直観的にすぐ決めてしまうのではなく、候補になる場所が見つかったら曜日や時間帯を変えて何度も見学してみるといいでしょう。

 

居酒屋開業するにあたって、この立地の選定にはじっくり時間をかけたほうが経営の成功する可能性も高まります。

 

立地が決まったら、内装工事をどこにお願いするのか、設備として何を入れるかを検討します。

 

ここまで準備ができたら、具体的にどのようなメニューを提供するかを検討しましょう。

 

メニューを検討するにあたって、「自分のお店にしかない料理」を提供すると店の売りになります。

 

また原価の計算をして、どれくらいの価格にすればリーズナブルで且つ利益が出るかもシミュレーションしておきましょう。

 

メニューに関しても周りに居酒屋経営している知り合いがいれば、アドバイスをもらっておくといいでしょう。

 

そしてスタッフを集めて社員教育を行ったうえで、晴れて居酒屋開業という運びになります。