経営

居酒屋を経営するために必要な資格とは

居酒屋を経営するために必要な資格とは

居酒屋を含めた飲食店を始めるのに必要な資格は食品衛生責任者と防火管理者となります。

 

「あれ、調理師免許は?」と疑問を持つ方が多いでしょうが、調理師の免許がなくとも飲食店の開業は可能です。

 

食品衛生責任者は飲食店の営業には必ず1人必要です。

 

各施設に1人なので、多くの居酒屋を経営する予定であれば店舗分だけ人数が必要となります。

 

しかし、この資格取得にはそれほど難しいことはありません。

 

各都道府県が開催している6時間の講習会に参加することで資格取得出来るのです。

 

費用は10,000円程度で、更新するときに情報を勉強しなければなりませんので、その点は注意が必要です。

 

調理師や栄養士の免許を持っていれば講習を受けなくても自動的に資格取得が可能です。

 

防火管理者は収容人数が30人以上の店舗の場合に必要です。

 

これも消防署が実施している講習会を受けることで取得が可能です。

 

甲種が2日間で乙種が1日で取得できます。

 

費用はテキスト代の3,000円から5,000円となっています。

 

いずれも講習会での取得となるので難しい試験があるわけではありません。

 

調理師免許は無いよりもあった方がいいというレベルです。

 

持っていることで信用度が上がることはあるでしょう。

 

また、営業を始める前に保健所へ食品衛生責任者資格証明書を持っていって営業許可の申請をしなければなりません。

 

内装工事、キッチンの工事を始める前に行わないといけないので注意しておいてください。

 

保健所の担当者の検査を経て許可が下りることになります。

 

これらの条件が揃って初めて営業を開始することが出来ます。

 

保健所への申請は手続きに要する日数が長くなる可能性があるので早めに行っておきましょう。

 

資格があるからといって仕事が出来るわけではありません。

 

それまでの経験や知識が重要なのです。

 

経営に必要のない資格は自分自身への自信もしくはお客様へ安心感を与えることが出来ます。

 

自分自身が持っていて無駄と思う資格であっても役に立つことはあります。