ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイトで稼ぐ

仕事や家事で毎日忙しいけれど、1日10分という隙間時間があればお金を稼ぐことができると聞いたら、誰でもやってみたいと考えるのではないでしょうか。

 

そんなに高い報酬をもらえるわけではなく、お小遣い程度のお金しかもらうことはできませんが、コツコツとやっていくだけでお金を稼ぐことができる仕事があります。

 


ポイントサイトとは

それが、ポイントサイトです。

 

ポイントサイトとは、インターネット上で起業の広告を掲載しているサイトのことをいいます。

 

このサイトに広告を掲載している企業は、ポイントサイトに広告料を支払うことによって、広告を掲載しています。

 

このポイントサイトに登録することによって、その企業の広告を見たり、無料メールマガジンを購読したり、無料アプリをダウンロードすることによって、ポイントサイトからポイントをもらうことができます。

 

そのポイントを貯めていくとポイントの数によってお金に変えることができ、収入をえることができます。

 

また、ポイントサイトによっては、広告を見たりメールマガジンを見たりするだけでなく、アンケートの回答をしたりすることによって、ポイントをもらうことができます。

ポイントサイトの仕組み

ポイントは、広告やメールマガジン、アンケートによって異なります。

 

広告の時間が長いものであれば、ポイントが高いものもありますし、短いものであればポイントが低いものがあります。

 

また、アンケートの回答も回答するのに時間がかかるものであればポイントが高いものもありますし、1分など短い時間で回答することができるものであれば、ポイントが低いものもあります。

 

ポイントサイトの多くは、500ポイント貯まれば換金することができるなど、○ポイント以上貯める必要があるという制度のものであることが多いです。

 

また、ポイントサイトによっては、お金への変換だけでなく、商品券や商品そのものに変換することができるところもあります。

 

例えば、「○ポイント以上貯まれば、この商品の中から好きなものを選ぶことができます」というようなことです。

 

主婦の方にとっては嬉しい商品が取り揃えられているので、お金を稼ぐことが目的でない方も利用されています。

ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイトに登録して貯めたポイントを現金に換えることで、簡単にお金を稼ぐことができます。

 

お小遣いサイトとか換金サイトと呼ばれることもあります。

 

なぜポイントが貰えるのかというと、サイトに登録したユーザーがサイトを通じて会員登録や資料請求をしたときに、サイトからポイントが付与される仕組みだからです。

 

サイトの登録は無料ですが、ポイントサイトは広告主から掲載料をもらっていることで成り立っています。

 

ポイントをたくさん集めるためには、「資料請求」や「アンケートの回答」など、その人の顧客情報を提供するものの方がポイントが稼げます。

 

初期費用もかからず、誰でも簡単にはじめる事のできる手軽さはありますが、個人情報を提供してしつこい勧誘の電話がかかってきたり、頻繁なメールがあったりと「面倒くさい」と感じることになることもあります。

 

とはいえ、偽名を使ったり、偽の住所を書き込んだりすることは犯罪ですから、ポイント欲しさに資料請求などをする時には、その後のリスクも考えた上で慎重に申し込むことが大事です。

 

ポイントの換金率についてはサイトによって差がありますが、平均して10ポイントが1円という換金率になっているところが多いようです。

 

換金するには最低金額が決められているのですが、この金額はサイトによって大きく変わります。

 

あるサイトでは500円から換金できますが、別のサイトでは1円からでも換金できることになっていますので、サイトごとの換金率や換金最低金額をしっかりと比較して選ぶようにしてください。

 

インターネット上には大手サイトの特徴を一覧で比較できるサイトなどもありますので参考になるでしょう。

 

ポイントで毎月コンスタントに稼いでいる人は、だいたい複数のポイントサイトに登録しています。

 

たくさん来る勧誘などのメールに対しては、フリーメールアドレスを使うことで、プライベートのメールアドレスと使い分けている人が多いようです。