ネットオークションの注意点

ネットオークションの注意点

ネットオークションは誰でも簡単に始めることができます。

 

ヤフーオークションや楽天オークション、モバオクなどたくさんのオークションサイトがありますが、初心者のうちはヤフーオークションなど商品点数も多く、システムが分かりやすいところから始めてみるのをオススメします。

 

自分の身の回りの中古品はリサイクルショップでも買い取ってくれますが、買取金額はリサイクルショップの利益分を差し引かれますのでとても安いです。

 

その点オークションならば、自分の自由に金額設定ができますし、買う側もリサイクルショップよりも安く買えるということで「Win-Win」のシステムといえるでしょう。

 

出品には手数料が必要なところがほとんどですが、落札に関しては費用がかからないところが多くなっています。

 

ネットオークションが一般的になるにつれて、ネットオークションを利用した犯罪も増えてきました。

 

最も多いトラブルは、「代金を支払ったのに商品が来ない」というもの。

 

数年前まではこのようなケースが多かったのですが、最近ではオークションサイト側が間に立って代金を回収するなど、より安全に利用できるシステムが確立されています。

 

ネットオークションに出品する時に気をつけなければいけないのは、「自分の身の回りのものだけを売る」ということです。

 

人に頼まれて出品なら、自分の利益になりませんので良いのですが、中古品をフリマなどで買って、それをオークションに出品すると「違法」です。

 

これを行うのであれば警察署に申請する「古物商許可証」免許が必要になります。

 

仕入れて販売すると「商売」とみなされるからです。

 

知らずにこれをやっている人が多いのですが、この方法で稼いでいた大学生が検挙されたこともあります。

 

免許の登録はおよそ2万円で済みますから、転売を目的にオークションを始める時には事前に免許の申請をしておきましょう。

 

法人だけでなく個人でも登録できる免許ですが、申請には身分証明書や住民票など、本人を特定できる書類が複数必要になります。