本を売ってお金を稼ぐ

本を売ってお金を稼ぐ

本を読むのが好きだという方は、ご自宅にたくさんの蔵書を持っているという方も多いのではないでしょうか。

 

本好きの方にとっては、手放したくない財産のひとつではありますが、どうしてもお金を稼がなければならないという場合、本を売ってお金を稼ぐという方法があります。

 


高い値段がつくことがある

蔵書というのは、世間的にも高い価値があるとされているものがあるので、ものによっては思ったよりも高い値段で売ることができる場合があります。

 

本を売ろうと考えたとき、それは古本屋さんに持って行って売ることになります。

 

古本屋さんでは、その本に今ではどれくらいの価値があるのかによって値段を査定してもらうことができます。

 

納得ができなければ、違う古本屋さんに持って行って査定をしてもらうこともできるので、とりあえず値段を確認するという意味で持って行っても良いです。

本の査定のポイント

基本的に、汚れがついてしまっているものや破れてしまっているもの、ページが落ちてしまっているものについては、ほとんど値段がつきません。

 

ただしそれが、今ではほとんど流通しておらず、手に入れることが難しく希少価値が高いものについては、この限りではありません。

 

本はどちらかというと、美術品のような扱いをされるので、古本の方が好きであるという方も多くいらっしゃいます。

漫画の査定ポイント

もちろん、コミックも古本屋さんで売ることができます。

 

コミックだとほとんど値段がつかないのではないかと思ってしまう方もいらっしゃいますが、人気作は高い値段がつきますし、有名作家のもので今では手に入りにくいものであると、思ったよりも高い値段がつきます。

 

また、巻数が全巻そろっていると、それなりの値段をつけてもらうことができます。

 

連載されて巻数が多いということは、それなりに面白い作品であるということがいえるので、どんなに古くてもいまだに需要があるものが多いからです。

 

コミックでなくても、シリーズものであれば、全部そろっていると値段が高くつきます。

 

シリーズによっては、そろっていないと話が分からないものもあるからです。