ユーチューバーになってお金を稼ぐ

ユーチューバーになってお金を稼ぐ

近年注目されているお金を稼ぐ方法として、YouTuber(ユーチューバー)になるという方法があります。

 

「ユーチューバーってなに?」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ユーチューバーとは、動画投稿サイトであるYouTubeに動画を投稿してお金を稼いでいる方のことを言います。

 

自分の好きな動画を投稿することによって、お金を稼ぐことができるので、自分の好きなことをやりつつお金の稼ぐ方として、広く知られています。

 

ユーチューバーのお金の稼ぎ方は、動画を見た人の人数が多いほど、収入がアップするという方式がとられています。

 

そのため、いかに多くの方に動画を見てもらうことができるかということが大切になります。

 

したがって、自分の動画を大勢の方に見てもらえるように、宣伝活動に注力しなければならない場合もあります。

 

ユーチューバーの中で、最もお金を稼ぐことができている方は、年収で億を超えている方もいらっしゃいます。

 

しかし、そうなるためには、大勢の人が興味を引き、他の人にも見て欲しいと思ってもらうことができる動画をつくる必要があります。

 

つまらない動画では、多くの人に拡散していきません。

 

話題性と企画力と飽きない動画であることが必要です。

 

話題性と企画力と飽きない動画と聞くと、どこか難しいようなイメージがありますが、それはアイディア次第です。

 

これまでの自分の経験を活かしたものでも良いですし、自分がやってみたいことでも良いでしょう。

 

「自分だったらこういう動画を見てみたい」というのを根本として、動画づくりを行うことが結果として、再生数へと繋がっていくのではないでしょうか。

 

その際、動画作りにおいて大切なことは、法律に触れる動画は作らないということです。

 

法律に触れる動画の場合には、収入を得ることができない場合があります。

 

法律を守った上で、今までにない新しい動画を提案していくことが重要です。

 

縛りは有りますが、その縛りの中でいかに楽しい動画をつくることができるのかというのが、ユーチューバーの腕の見せ所です。