在宅ワークってどうなの?

在宅ワークってどうなの?

インターネットが普及して、簡単に在宅ワークが探せるようになってきた数年前。

 

在宅ワーク詐欺が横行した時代がありました。

 


現在も在宅ワーク詐欺はゼロではない

「このくらい稼げますよ」と甘い言葉で誘って高額な教材費を払わせ、その後の仕事は一切紹介しないという悪質な詐欺です。

 

被害に遭われた主婦の方も多くテレビなどでも頻繁に取り上げられたのでご存知の人も多いのではないでしょうか。

 

今ではそのような詐欺もずいぶんと減ってきているようですが、ゼロではありませんので注意が必要です。

 

クラウドワークスなどの大手サイトであれば安全ですが、絶対に安全とも言い切れないので自分の目でしっかりとチェックすることが大切です。

怪しい在宅ワークの典型的な例

怪しい在宅ワークの典型的な例は、「短時間高収入」とか「誰でも必ず稼げる」などとオーバーに表現して、在宅ワークの内容を明らかにしていないサイトなどです。

 

まずは電話をくださいなどと、電話で直接話をしたがるところもあります。

 

資料請求が必要な在宅ワークも警戒しましょう。

 

もちろん、資料で詳しい内容を説明する良心的な業者もありますが、サイトに業務内容が書かれていない場合は怪しいです。

 

なぜ、資料請求させるのか。それは電話番号を知るためです。

 

メールでのやり取りは文面が残るので、訴えられた時に証拠になってしまい悪徳業者にとっては不都合なのです。

 

電話でやり取りをすれば証拠が残らない上に、簡単に相手を脅せますから、悪徳業者の得意とするところです。

業者のホームページをチェックする

まずは、安全な業者かどうか、業者のホームページなどでチェックします。

 

業務内容についても続けられそうか、仕事を決める前にしっかりと考えてから始めましょう。

 

在宅といっても立派な「仕事」ですから、家事の片手間にこなすのは良いのですが、納期は必ず守ることが大事です。

 

分からないことがあったら業務契約を結ぶ前にどんどん質問してみましょう。

 

しっかりと答えてくれなかったり、答えをあいまいにしたりする業者は信用できません。

 

契約を結ぶ時も、賃金だけでなく、書かれている様々な契約事項にしっかりと目を通してから契約するようにしましょう。