空室よりも怖い家賃滞納問題

空室よりも怖い家賃滞納問題

アパートの経営者にとって入居者不在の空室は深刻な問題です。

 

収入であるはずの家賃が支払われないのですから当然ローンの返済なども見直しが必要になります。

 

しかし、空室以上に深刻なのが入居者の家賃滞納です。

 

入居者の家賃滞納の理由として最も多いのが、忘れていたです。

 

これは一時的なケースなので催促をすることで速やかに支払われることがほとんどです。

 

しかし忘れていたと言うケース以外の滞納は比較的問題が大きくなる場合があるので気をつけたいものです。

 

例えば会社をリストラされた、病気やケガで突然入院をすることになったなどの理由で金銭的な問題が生じた場合には、当事者に支払い能力がなくなってしまったので、連帯保証人への連絡なども必要になります。

 

トラブルを未然に防ぐために
さらに大きな問題となるのが、入居者が初めから家賃を支払うつもりはないというケースです。

 

家賃が支払われないままの入居が続く場合には、法的手段をとって強制退去を願いますが、その場合経営者が弁護士費用や裁判費用なども支払うことになります。

 

裁判には勝てますが、その結果、入居者の家賃支払い能力がないとみなされれば、滞納期間の家賃収入はゼロ・裁判費用が飛んでいくという結末になってしまうのです。