不動産投資とは

不動産投資とは

不動産投資とは

 

投資の対象が建物をはじめとする不動産なのが、不動産投資です。

 

投資した資金の額以上の儲けを出すのが不動産投資における最大の狙いとなります。

 

儲け方に関しては、不動産を人に貸す方法と、個人や不動産会社などに売却する方法とがあります。

人に貸す不動産投資

前者についてですが、たとえば集合住宅(アパート、マンション)の不動産を取得し、多くの人に貸し出します。

 

部屋を借りる側から賃料を徴収することにより、投資した金額以上の儲けが出るまで運用していく形になるのです。

 

なお、定期的に一定金額の収入が期待できる利益のことをインカムゲインと呼びます。

売却する不動産投資

例えば1,000万円で取得した不動産が、極端な話2,000万円に上昇したタイミングで売り出します。

 

単純計算で1,000万円の利益が得られますが、このような形で獲得できる利益のことはキャピタルゲインといいます。

 

不動産投資を行う場合、上記の2種類の利益獲得を目指していくことになりますので、覚えておくとよいでしょう。

不動産投資は投じた資金以上の利益が確実にもたらされるわけではない

なお、不動産投資は投じた資金以上の利益が確実にもたらされるわけではありません。

 

人に貸し出そうにも借り手がつかなければ一定金額の収入は少なくなってしまいますし、取得した不動産の価値が高まり売却額が高くなるどころか、価値が低下して売却額が安くなるようなこともあり得るのです。

 

したがって、人が借りたいと思える不動産を取得したり、建物の改修や設備の充実も必要になったりますし、将来的な価値の変わり方を予測する力も試されます。

 

どういったリスクが不動産投資にあるのかを把握し、適切な対策を講じることが不動産投資を成功へと導くためには大切といえるでしょう。

このページの先頭へ戻る