不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

 

不動産投資には数多くのメリットがありますが、デメリットも複数あります。

 

リスクについてはここでは触れませんが、どのような欠点が不動産投資にあるのか知りたい人はチェックしてみてください。

 

資金が必要

まず、不動産投資をはじめるにあたっては、投じるだけの資金がなくてはいけません。

 

不動産を取得するための多額の資金が必要となり、資金が不足している場合にはローンを組む必要があります。

 

ローンには審査がありますので、審査の結果融資を受けられないと判断されてしまうと、不動産投資を諦めなければならないということにもなりかねません。

不動産の購入時の諸費用

また、不動産の購入をするにあたっては、不動産自体にかかる分だけでなく、諸費用が発生する点もデメリットとして挙げられるでしょう。

 

不動産業者を通じて取得する場合には、不動産購入価格に応じて仲介手数料が発生することになりますし、不動産売買契約書に貼付する収入印紙の費用もかかります。

 

ほかにも不動産取得税や登録免許税もかかり、これらの諸費用をトータルすると100万円単位の金額になることも珍しくありません。

物件を見抜く目を養わなければいけない

それから、利益を生み出してくれそうな物件を見抜く目を養わなければいけないというのも、不動産投資のデメリットに含まれます。

 

賃貸契約を希望する人がコンスタントに確保できたり、先々になって売却価額が高くなったりする物件を見極めることができなければ、思うように利益が得られないだけでなく、損失を生んでしまうことにもなりかねません。

 

お金がかかること、利益が約束されていないことが不動産投資のデメリットとして挙げられますので、手を出す前に受け入れられるかどうか十分に考慮しましょう。

このページの先頭へ戻る