コインパーキング経営

コインパーキング経営記事一覧

コインパーキングは時間に関係なくいつでも利用できる手軽さがあります。経営側にとっては所有する土地を無駄にすることなく活用できるので、固定資産税の費用も捻出できて収入にもなるという大きなメリットがあります。

車を止められるスペースと機器の設置ができればコインパーキング経営はできますが、マイナス収支にならない経営をするには、土地の選び方がポイントとなります。収支が上がりやすい土地は3つのタイプがあります。3つのうちいずれかのタイプに該当すれば収益が上がりやすいので、空いている土地をコインパーキング経営に転用した場合、成功する確率が高くなります。

駐車料金を支払うことで、車を停めておけるスペースや施設のことをコインパーキングと呼びます。先客のいない空いた場所に車を停めておくと、一定時間ごとに料金が加算されていくことになるのが一般的です。1日○円と最大料金が設定されており、それより多くのお金は取られないところもありますが、そうでないところもあります。また、営業時間も24時間のところだけとは限らず、営業が終わったあとは車を出せなくなるところもあ...

コインパーキング経営は利用していない土地を持っていることが前提と考えられています。土地さえあれば、初期費用やその後のメンテナンス費用などが一切かかることなくビジネスを始められます。

コインパーキング経営は空いている土地やスペースを利用するのが前提ですが、月極の駐車場の空きスペースを利用することもできます。月極駐車場経営で収入を得ているケースでは、立地場所によっては常に満車という方が珍しいです。

極端に言えば1台でも車を止めるスペースがあればコインパーキング経営をすることは可能です。収支に関係なく土地を遊ばしておくのはもったいないからという理由であれば、業者にロック板や精算機の設置工事を依頼すれば良いでしょう。

コインパーキング経営は管理人を置く必要がなく24時間収益をあげられます。さらに、狭いスペースでも機器の設置ができれば経営ができるので、参入を考えている人が増えています。

コインパーキングは自分で経営することはもちろんできますが、設備工事、管理、メンテナンスなどの経費や手間を考えた場合、駐車場サービス会社を利用したほうが確実で便利です。

このページの先頭へ戻る