駐車場経営のよくあるクレーム・問題と対処法

駐車場経営のよくあるクレーム・問題と対処法

 

駐車場経営でよく見られるクレーム例とその対応例を見てみましょう。

 

ある駐車場運営会社で紹介されているクレーム内容の一部です。

 

よくあるクレーム

まず、よく利用する人同士が、どこに停めるかもめるということがあります。

 

最近よく見られるのは、いつも使う駐車スペースをほかの人にとられた、といってトラブルに発展するケースです。

 

この場合、第三者が介入しなければよりトラブルは大きくなってしまいます。

しっかり両者の意見を聞き対応策を講じる

どのようなことでもめているのか、要望は何か、しっかり両者の意見を聞くことが大切です。

 

別の駐車スペースを提案するなど、さまざまな方法があります。

 

また駐車場にごみが散乱している、音楽やラジオを大音量で流しながら駐車するなど、さまざまなクレームがあります。

 

さらにひどくなると、私物を駐車場に置きはじめた、ということもあります。

 

これらクレームの共通点は、いつも使っている人が引き起こすトラブル、ということです。

 

使い慣れた駐車場、月極めで何ヶ月も利用している人などが、使い慣れているからこそ起こしてしまうのですが、周りの迷惑となっていることを知ってもらうことがまず大切です。

 

もちろん月極め駐車場で、別の車が停まっている場合はまたさらに対応しなければなりませんが、場合によっては警察を呼ぶことになる事例もあります。

駐車場でのトラブルが起きる原因

駐車場の問題点は、誰でも利用できる、ということにあります。

 

一時的な利用ならごみを捨てても問題ない、いつも使っている駐車場だから私物を置いてもかまわない、と思ってしまう方も多いのです。

 

注意看板を設置するなどし、トラブルやクレーム対応をしていく必要があります。

 

もちろんこちら側に不手際があるなら、こちら側が対処する必要があります。

 

機械トラブルなどの場合は専門業者に対応してもらう必要があります。

 

駐車場経営におけるクレーム、問題対応は、どのような事例があるのか駐車場専門業者のサイトなどを参考に、理解しておきましょう。

 

また運営委託の場合は、クレーム対応などもしてくれる場合があります。

このページの先頭へ戻る