駐車場経営の主な種類

駐車場経営の主な種類

駐車場経営の主な種類

 

駐車場経営をしてみたい、と思っている方へ、自己経営と運営委託があることをご存知でしょうか。

 

副業でに自己経営は大変

自己経営はその名のとおり、自分で集金やメンテナンスなどを行い、駐車場経営の一切を請け負うことを言います。

 

駐車場には種類がありますが、月ぎめであれば集金、駐車場の整備、契約と解約など、すべての業務を自分で行う必要があります。

 

さらに駐車場にかかる税金なども対処していかなければなりませんので、1年中といっていいほど何かしら駐車場にかかわることになります。

 

特に確定申告の時期など、繁忙期もあります。

 

コインパーキングなど、時間貸しの場合も、機械メンテナンスや看板などの設置などが自分の仕事になりますので、副業として行おうとする場合は大変です。

 

メリットは、経営に対しての高い自由度、成功すると収益が大きいことです。

 

デメリットは初期投資額、運営費用がかかること、駐車場運営のノウハウが必要なことです。

駐車場経営の運営委託

一方運営委託は、コインパーキングなどを運営する業者に、土地を預けて、駐車場の経営を委託することです。

 

有人駐車場でも、スタッフの配置などは委託業者が行ってくれますし、機械メンテナンスや整備なども代行してくれます。

 

運営を委託していますので、収益を100%もらうことはできませんが、まったく入らないということはありません。

運営委託のメリット・デメリット

運営委託のメリットは初期投資や運営委託費用だけを委託すればいいだけで、自己運営よりも費用はかかりません。

 

デメリットは低い経営の自由度です。

 

つまり、自己運営と運営委託は、メリットとデメリットが逆になる、ということです。

その他の運営方式

他にも一括借り上げ方式があります。

 

一括借り上げ方式は、土地所有者は安定した賃貸料の収入が得られますし、運営業者も高い経営自由度があります。

 

また、コインパーキングなどではフランチャイズ展開しているところもあり、自己運営でも、運営委託でも、どちらでも経営できる見込みがあります。

 

駐車場運営は、どの形式で行うか、メリットとデメリット両方から考えていく必要があります。

このページの先頭へ戻る