不動産投資の利回り

不動産投資の利回り

不動産投資の利回り

 

利回りというのは、投じた資金に対する年間収入の割合を、パーセンテージで表したものです。

 

この利回りには、表面利回り(グロス)と実質利回り(ネット)の2種類にわけられます。

 

表面利回りでの判断は危険

パーセンテージが高いほど多くの利益が得られる期待感が増しますが、不動産業者による広告はたいてい表面利回りです。

 

表面利回り(%)=不動産から得られる1年間の収入÷物件の価格×100で求めることができますが、この数字だけを見て投資をする不動産を決めてしまうのは危険です。

 

どういうことかと思う人もいるかもしれませんが、表面利回りには物件の取得金額以外のコストが含まれていません。

 

したがって、実際に不動産を取得する際には実質利回りがどの程度になるのか、この点に注意する必要があります。

不動産投資の実質利回りの求め方

実質利回り=(1年間で得られる収入−諸経費)÷(物件の取得額+取得時にかかった諸経費)×100で求めることが可能で、より精度の高い利回りを算出することができます。

 

特に表面利回りと実質利回りの解離がひどいのは、中古の建物です。

 

中古を購入する場合は、築年数や劣化の具合などにもよりますが、不動産取得時の諸経費や年間でかかる諸経費が高額になる傾向があります。

必ず実質利回りを計算しておく

新築の場合はすぐに新しい設備を導入したり、大規模な修繕をしたりする必要はありませんが、中古の場合はこれらが必要になる可能性が比較的高いため、取得を検討するにあたっては注意しなくてはいけません。

 

表面利回りに飛び付くのではなく、実質利回りでの計算はあらかじめ必ずしておきたいところです。

このページの先頭へ戻る