自宅アルバイト〜テープ起こし〜

自宅アルバイトの中でも給料が高いのがテープ起こしです。

 

テープライターとも言われており、対談、講演会、講義などの録音テープを文章にしていく仕事になります。

 

テープを聴いて文字にするだけですから簡単だと思われがちですが、話の内容を把握し、読者がきちんと読みやすくしなければなりません。

 

高給を狙うなら経験や実績が必要

中には何を話したのか分からないというものもあるのです。

 

ですからスキルは求められるのですが、その分収入も高くなります。

 

高い場合は1本60分のテープで1万円ということもあります。

 

ただし、全ての人がこれに該当するわけではありません。

 

中にはそれほど稼げないという人もいます。

 

収入をもう少し狙うなら、経験や実績が必要です。

 

さらに仕事を得るために自分を売り込んでいかなければなりません。

 

つまり、テープ起こしで収入を得るなら、長期的に計画を立てていかなければならないのです。

テープ起こしアルバイトのポイント

テープ起こしは素材となる音声や文字に変換し終えたものをデータとして扱うため、パソコンとインターネット回線さえあればどこでも出来る仕事です。

 

その性質ゆえか、在宅ワークの代表格として扱われる事もあります。

 

耳で聞いたものをパソコンで文字に打っていく簡単なお仕事、と見えるのですが実際にテープ起こしをやってみると難しさが分かります。

 

話し言葉を正確に文字へと変換させる事は、言うまでもなく大前提の要素です。

 

漢字の取り違いや文章の区切りを誤ると、意味そのものが違ってしまうためテープ起こしには日本語を正しく使う能力が求められるでしょう。

スキル習得を意識して始めてみる

もちろん丁寧さだけを重視していて良いという事はなく、一つでも多くのテープ起こしをこなさなければ収入に繋がりません。

 

初めから素早く正確なテープ起こしが出来る訳はないので、アルバイトならスキル習得を意識して始めてみると良いでしょう。

 

テープ起こしの仕事を個人で取り続けるというのは並大抵の事ではなく、強力なコネや人脈を要します。

 

普通はテープ起こしを扱う会社に登録し、そこから一つ一つ受けるという形を取る事になるでしょう。

テープ起こしに必要なスキルや知識

間違いのないように、かつ正確にというのはテープ起こしにおける基本の部分です。

 

実際に、アルバイトでもテープ起こしを仕事とする上では幾つも求められる要素があります。

 

たとえば、簡単なインタビュー記事なら特に難しい単語が出てくる事もないかもしれませんがIT関係や医療系の話だとテープ起こしの難易度がグッと上がります。

 

テープ起こしでは日本語の読みの違いに気を配るだけでなく、頻出する横文字に対して素早く反応しなければなりません。

 

その言葉を知っている事がベストで、確認するためにかかる時間は無駄と言えます。

作業しやすいテーマで数をこなす

必然的に多くのテープ起こしの依頼を受けて収入とするためには、スキル以外に知識や強要が求められるのです。

 

テープ起こしのアルバイトは、その内容から供給は多いですが需要も多く人気があると言えるでしょう。

 

仕事を受ける先によってテープ起こしの内容が違ってくる事はありませんが、主に報酬などの条件が違ってきます。

 

恐らくは、テープ起こしとして扱う分野の違いが一番大きな点でしょう。

 

報酬の多寡で選ぶのも良いですが、自分が作業しやすいものかどうかもテープ起こしのアルバイト選びでは重要な判断材料です。

 

一つのテープ起こしの依頼に対する報酬単価は高くても、達成した数で負けてしまって合計が少なくては意味がありませんね。